カホン講師

福岡高次

プロフィール


国立音楽大学・器楽専攻打楽器科に入学し、打楽器を上野信一氏に、打楽器アンサンブルを福田隆氏に師事。
その後国立音楽大学中退し、キューバにパーカッション全般を学びに単身渡航。adel gonzalez氏 に師事。

現在、世界的ジャズピアニストの山下洋輔氏とのデュオや、レコーディング、ミュージカル、ゲーム音楽コンサートや舞台、ジャズ、ラテン、ポップス等ジャンルを問わず幅広いフィールドで活動中。
また、現在アルゼンチン発祥のハンドサインを用いた指揮法を独自に発展させ、新たな音楽へのアプローチを開拓するプロジェクト「ラセーニャス」メンバーとして活動中。
日本各地で演奏活動の他、2018年、ヨーロッパ最大規模のフェスO.Z.O.R.Aに出演。人が入りきらず道に溢れるほどの大好評で現地新聞にも取り上げられた。
2019年には大阪城にて、関西電力とタッグを組み次世代型低速走行モビリティ「lino」に乗って演奏。大阪城を巻き込んでのパフォーマンスが大好評を博す。
現在も様々なコラボレーションやライブ活動など精力的に活動中。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

白井翔太郎

プロフィール


現在はボサノバ、サンバ等のブラジル音楽を演奏し、自身のグループVelas Brancasでアルバムをリリース。
その他にサポートメンバーとしてライブ、レコーディング、教本制作に参加する。
雑誌ロックジェットvol61にインタビューが掲載。
ブラジルのラジオplus81でインタビューが放送される。

講師経験10年以上の中で初心者から上級者までオールジャンルに対応したレッスンを行う。
また、保育園や小学校で子供向けのレッスンも行う。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

﨑村純弥

プロフィール


横浜生まれ、横浜育ち

辻野リューベン 他にドラムを師事

幼少期に音楽番組などで音楽そのものに衝撃を受け、カワイ音楽教室に通い始める。
中学時代に吹奏楽部でチューバを三年間経験後、高校進学と同時に本格的にドラムを始める。
この時よりバンドで各地のライブハウスなどで活躍し、バンドコンテストにて最優秀賞を受賞。
渋谷O-EAST、川崎CLUB CITTA’等に出演する等早くからミュージシャンとしての才能を開花させる。
高校卒業後も日本工学院専門学校へ進学し、ポップス、ロック、ファンクを中心に様々なミュージックシーンにてサポート活動を開始する。
現在、都内にてファンクのセッションホスト。スタジオミュージシャンとして稼働しながら自身のバンド
AngryMcfinn & The Old Yank等で活躍中

共演ミュージシャン

MALTA・原田博之・亀山アキラ・Ralph Rolle(Chic)・Tony Maiden(Rufus)・大場久美子・林寛子
TAP JAM CREW 等

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

原口香英

プロフィール


学生時代を京都で過ごし、様々なミュージシャンから影響を受け、ドラム、ジェンベ、ボンゴ、タブラ、カホンといった打楽器を独学。
2005年から東京に拠点を移し、カホンの演奏を通じ、
ダンサーやアーティストとのコラボを広げていく。
2011年、音色のあるスリットドラムに出会う。
カホンとスリットドラムを組み合わせ、全身を駆使する独自のスタイルで演奏したり、音育ワークショップを企画するなど、幅広く音楽活動に取り組む。
2017年、長男が誕生し、一児の父として子育てにも奮闘中。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

宮﨑正太

プロフィール


12歳の頃からさまざまな打楽器を演奏(ドラム、カホン、ドゥンベク、スティールパン、オーケストラルパーカッション、マーチングパーカッション等)。
2014年にはミネソタ州立大学に音楽留学。ドラムをAllen Carter氏、パーカッションをKenyon William氏に師事。
現地各劇場にミュージカルのパーカッショニストとして出演し、ジャズ、ファンク、ロック、クラシック、様々なジャンルの音楽を演奏。
2015年より、若手ミュージシャンへの指導を開始。アメリカ中西部のオーディションを勝ち抜いた高校生達への指導も好評を得る。
2017年にはアメリカのシンバル会社TRX
Cymbalよりエンドースを受け、日本人初のTRX公式アーティストとして活躍。
同年、落語のグルーヴをドラムで再現するソロプロジェクトを開始。Facebook上で公開されたその動画は18万回再生を突破し、Percuss.io、ならびにRock oN JAPANのウェブサイトで特集される。

>>レッスン内容の詳細はこちら

☆講師演奏動画

担当教室

SHOW

プロフィール


庄田(SHOW)浩
3月27日生まれ。A型。京都府生まれ滋賀県育ち。音楽総合制作集団 jAcKp☆TrASH 代表。
ライブイベントTREASURE☆ISLAND主催。
「全てが僕の力になる」でオリコン初登場1位を記録した『くず』やテレビ番組『ワンナイR&R』、『ぐっさん(山口智充)』ではレコーディングやコンサートなどあらゆる面において、バンドリーダー、アレンジャー、コーディネーターと多岐に渡ってサポートし、2010年には『Girls Dead Monster starringLiSA』ツアーにも全公演に参加。
プロ・アマ問わず年間100本近いライヴをこなし横浜アリーナや幕張メッセなど数万人規模のコンサートも多数経験、舞台監督としてステージ制作を手がけたり代表を務める音楽制作集団jAcKp☆TrASH (ジャックポットラッシュ)では作曲を行うなどその活動は多岐に渡っている。
カホンのレッスンやバンドアンサンブル、ステージングなどのレッスンにも対応しており、リズム感を向上させるコツなど初心者からプロを目指す方々まで様々な現場を経験してきたからこその実践で使えるレッスンを是非お試し下さい。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

白澤淳

プロフィール


14歳からドラムを始める。最初にドラムで叩いた曲はオフコースの「YES・NO」。

フュージョン系、ハードロック系など複数のバンドに参加。高円寺・原宿のライブハウスで演奏活動開始。

19歳で故セシル・モンロー氏に師事しジャズやフュージョン系の基礎を学ぶ。

24歳の時、それまでの奏法で練習しすぎた結果、関節などを傷めてしまい長期間演奏ができなくなる。

しかし、これがきっかけで、奏法改革に取り組むことになる。グラッドストーン奏法・モーラー奏法などの情報を海外から取り寄せ、自分の演奏に取り込む活動を開始。その結果、体の故障を克服し以前よりも自由が演奏ができるようになる(奏法に関するレッスン内容はこの時の研究成果がベースになっている)。

その後、オールディーズ・ブルース・R&Bを中心に演奏の仕事を受けるようになる。

2010年ごろより、演奏現場の要請によりカホンを導入。

またジャンルを問わずサポート活動を開始し、現在に至るまでサポート活動を継続中。

同じく希望者への個人レッスンを開始。

2014年にブルースバンド「デルタ兄弟」に参加。以降数年にわたり、定禅寺ジャズフェスや野外音楽イベント、吉祥寺スターパインズカフェや高円寺JIROKICHIでのイベントなどを中心にライブ活動。

現在は様々なイベントなどのサポートドラマーとして、継続的に所沢MOJOや新所沢ラッドカンパニー等でのセッションホスト、レッスンを続けている。

<作品制作に参加した代表例>

(1)デルタ兄弟「デルタ兄弟」

(2)W.C.カラス「うどん屋で泣いた」(いずれもP-Vine)

など。

※「デルタ兄弟」はiTunesブルースチャートで一位を獲得、Blues&Soul Recordsでも特集された。

※また、「うどん屋で泣いた」はFM香川の番組JOY-U-CLUBのエンディングテーマに選ばれたり、NHKーFMで特集されたりしたことがあるので、もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

MASAYOSHI

プロフィール


MASAYOSHI
和歌山県出身。13歳の時にブラスバンドで打楽器やドラムを担当したきっかけで本格的にドラムに興味が出てバンドを始める。高校卒業後に音楽専門学校卒業、本格的に師匠に師事し習得。その後付き人を経て、ライブサポート業を開始。(ロック、Jazz等)その傍ら、同校にてドラム講師を並行。自分のバンド活動の為、講師を一旦終了。バンド活動、ライブサポート、REC業務に専念。現在は複数バンドのサポートや、作曲、編曲、DTM業にて活動。
近年ではヨガも勢力的に行なっており、「呼吸」「体の使い方」「脱力」をドラムに取り入れた【ヨガ+ドラム】を実践しています。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

原治武

プロフィール


1978年9月7日生まれ
17歳からドラムを始め19歳頃からプロドラマーとして
様々なライブやレコーディング、TV収録などのサポートを務める。

【Live参加アーティスト】
家入レオ、佐香智久、槇原敬之、平野綾、トータス松本、石崎ひゅーい、平井大、私立恵比寿中学、赤井仁美、藤木直人、筋肉少女帯、中山加奈子、大槻ケンヂ、access、橘いづみ、高田梢枝、島谷ひとみ 他多数

【REC参加アーティスト】
いきものがかり、阿部真央、石崎ひゅーい、K、トータス松本、清木場俊介、藤木直人、高田梢枝 他多数

【TV収録】
2014年FNS歌謡祭出演
フジテレビMUSIC FAIRにて多数のアーティストと共演

>>レッスン内容の詳細はこちら(ドラム科)

>>レッスン内容の詳細はこちら(カホン科)

担当教室

福田拓人

プロフィール


幼少期にピアノに触れ、15歳よりギターをはじめ合唱団に入団。高校入学後吹奏楽部へ入部、ドラム、打楽器をはじめる。入部後はクラシックをはじめジャズ、ロック、ラテン、歌謡といったジャンルで様々なパーカッションやドラムを演奏。
その後はセッションのホストプレイヤーやバンドで全国盤をリリースするなどの活動を行い、現在では自身のバンドで海外のフェスや国内遠征での演奏活動の他、都内でのステージ演奏やドラマー、パーカッショニストとして様々なアーティストのライブ、レコーディングのサポートなど精力的に活動を行なっている。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室