shuse

shuse

プロフィール

カサメミュージックスクールベース科講師、shuse先生の写真
群馬県前橋市出身
幼少期からクラッシックバイオリンを習い、14歳でエレキベースに転向。
17歳でCASIOPEAのベースの鳴瀬喜博氏に師事し、バンド活動と並行しつつミュージシャンとしての活動を始める。
同時期に二家本亮介氏に師事し、ミュージシャンとしての本格的な活動を始める。
学生時代は箱バンやセッションミュージシャンとしての活動を主とし、二家本亮介氏の現場などでスタジオミュージシャンとしての経験を積む。専門学校を卒業後はレコーディングやライブサポートなどでスタジオミュージシャンとしてのキャリアをスタートし、翌年May’n Asia Tour 2019 「Kick it up」全24公演に参加。最終名古屋ダイアモンドホール公演成功まで支えた。
翌月Zepp tokyoにて開催された「リスアニ!ナツヤスミ」のベースに抜擢され無事成功を収める。
その後、様々なアーティストのライブサポート、レコーディング参加などの活躍をしている。
激しいロックからファンク、フュージョン、ジャズまで幅広いジャンルをこなす。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

※出張レッスン対応地域:東武東上線(池袋〜川越間)

平本陽一郎

平本陽一郎

プロフィール

カサメミュージックスクールベース科講師、平本 陽一郎先生の写真
15歳から音楽(エレキベース)をはじめ、高校卒業と共に音響技術専門学校(現 音響芸術専門学校)へ通う。
2005年卒業し、音芸在学中から働いていたライブハウスにて音響の仕事に就き、学生時代に培ったスキルを生かしてプロ・アマ問わず音響オペレーター・ステージ周りのスタッフ業を経験。
同時に、自身のバンドやサポート業も並行して2016年、本格的にプロベーシストとしてアーティストの全国ツアーや海外公演、レコーディングやレッスンなど幅広く活動している。

【ライブ・レコーディング・MV等サポート】敬称略
天野月/えまおゆう/垣内りか(愛内里菜)/楠田亜衣奈(μ’s)/黒田倫弘/コタニキンヤ./坂本真綾/姿月あさと/スフィア/戸松遥/友近/豊崎愛生/真織由季/山野さとこ/ROLLY

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

※出張レッスン対応地域:池袋、新宿、渋谷、上野方面、都内近郊埼玉県、その他ご相談ください

なかじまはじめ

なかじまはじめ

プロフィール


なかじまはじめ 北海道出身 1972年4月20日生まれ
音楽好きだった父の影響もあり、近所の貸しレコード屋に通い始めた中学時代。
そんな中、運命を変える1枚のレコードに出会う。
毎日聴いているうちにドラムという楽器に興味を持ち始め、それをきっかけにダンボールでドラムセットを製作。なかなかの出来映えで!?日夜練習に励む。
中学3年の時、初めて本物のドラムに触れ時を忘れ叩きまくる。この時の感動が音楽へのめり込むきっかけとなった。
ミュージックカレッジメーザーハウスドラム科卒業。
現在はレコーディング、ライブサポートを中心に活動中。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

※出張レッスン対応地域:小田急線(新宿駅〜町田駅間)

コウ ジョン

コウ ジョン

プロフィール

カサメミュージックスクールソルフェージュ・楽典科講師、コウ ジョン先生の写真
バークリー音楽大学を卒業した コウ ジョン は、ジャズのコントラバス奏者兼作曲家です。彼はまた、ジャズアソシエーションシンガポール(JASS)国際奨学金の最初の受賞者でもあります。
ジョンの音楽の追求は、上海に住んでいた13歳のときに初めてベースを手にしたときに始まりました。当時、彼はベーシストのカーティス・オッスルとプライベートレッスンをしながら、ハンリッヒ・クラッセン氏の指導の下、中学校のオーケストラで演奏していました。ジョンは在学中、AMIS協会(Association for Music in International Schools)が主催する7つの世界規模の青少年音楽祭に出演しました。AMISフェスティバルは世界中のさまざまな場所で開催されているため、ジョンはウィーン、ウォータールー、上海、チューリッヒ、デュッセルドルフ、北京、シンガポールで開催されたフェスティバルに出演しました。ジョンが東京に在住していた高校の最後の2年間で彼はトリオを結成し、地元のジャズクラブで演奏しました。
ジョンは2015年に高校を卒業し、その後すぐにシンガポールに戻り、2年間の徴兵制に奉仕するためにシンガポール軍に参加しました。ジョンは軍隊にいる間、シンガポールのピアニスト Wei Xiang Tan のアルバム「Wei iii」の録音に参加しました。彼が第1回と第2回のライオンシティジャズフェスティバルに出演したのもこの時期でした。最初は伝説的なジャズサックス奏者のベニーゴルソンを、2回目は伝説的なトランペット奏者のランディブレッカーをフィーチャーしていました。
2017年、ジョンはバークリー音楽大学から年間30,000USDの奨学金を受け、その年の9月に入学しました。バークリーで勉強している間、ジョンはベーシストのマイケル・ポープとジョン・ロックウッド、そして2019年のベルン・ジャズ・フェスティバルでジョンと一緒に演奏するためにジョンを抜擢したドラマーのラルフ・ピーターソンに師事しました。そして、ジェイソン・パーマーのバンドで一定期間毎週演奏していました。彼はまた、マレーシアのピアニスト、ウォン・フー・ジェンのデビューアルバム「Quiet Night Thoughts」の録音にも参加しました。
ジョンの音楽キャリアを通じて、彼は世界的に有名なシンガポールのジャズピアニスト、ジェレミーモンテイロの指導も受けてきました。
ジョンの努力や成果は「やることすべてにおいて、神に栄光を帰するために」との信念のもと、神に捧げられています。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

ボーカル教室

※出張レッスン対応地域:船橋市、八千代市、習志野市、鎌ケ谷市、西白井駅、白井駅

コウ ジョン

コウ ジョン

プロフィール

カサメミュージックスクールジャズ理論科講師、コウ ジョン先生の写真
バークリー音楽大学を卒業した コウ ジョン は、ジャズのコントラバス奏者兼作曲家です。彼はまた、ジャズアソシエーションシンガポール(JASS)国際奨学金の最初の受賞者でもあります。
ジョンの音楽の追求は、上海に住んでいた13歳のときに初めてベースを手にしたときに始まりました。当時、彼はベーシストのカーティス・オッスルとプライベートレッスンをしながら、ハンリッヒ・クラッセン氏の指導の下、中学校のオーケストラで演奏していました。ジョンは在学中、AMIS協会(Association for Music in International Schools)が主催する7つの世界規模の青少年音楽祭に出演しました。AMISフェスティバルは世界中のさまざまな場所で開催されているため、ジョンはウィーン、ウォータールー、上海、チューリッヒ、デュッセルドルフ、北京、シンガポールで開催されたフェスティバルに出演しました。ジョンが東京に在住していた高校の最後の2年間で彼はトリオを結成し、地元のジャズクラブで演奏しました。
ジョンは2015年に高校を卒業し、その後すぐにシンガポールに戻り、2年間の徴兵制に奉仕するためにシンガポール軍に参加しました。ジョンは軍隊にいる間、シンガポールのピアニスト Wei Xiang Tan のアルバム「Wei iii」の録音に参加しました。彼が第1回と第2回のライオンシティジャズフェスティバルに出演したのもこの時期でした。最初は伝説的なジャズサックス奏者のベニーゴルソンを、2回目は伝説的なトランペット奏者のランディブレッカーをフィーチャーしていました。
2017年、ジョンはバークリー音楽大学から年間30,000USDの奨学金を受け、その年の9月に入学しました。バークリーで勉強している間、ジョンはベーシストのマイケル・ポープとジョン・ロックウッド、そして2019年のベルン・ジャズ・フェスティバルでジョンと一緒に演奏するためにジョンを抜擢したドラマーのラルフ・ピーターソンに師事しました。そして、ジェイソン・パーマーのバンドで一定期間毎週演奏していました。彼はまた、マレーシアのピアニスト、ウォン・フー・ジェンのデビューアルバム「Quiet Night Thoughts」の録音にも参加しました。
ジョンの音楽キャリアを通じて、彼は世界的に有名なシンガポールのジャズピアニスト、ジェレミーモンテイロの指導も受けてきました。
ジョンの努力や成果は「やることすべてにおいて、神に栄光を帰するために」との信念のもと、神に捧げられています。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

※出張レッスン対応地域:船橋市、八千代市、習志野市、鎌ケ谷市、西白井駅、白井駅

コウ ジョン

コウ ジョン

プロフィール

カサメミュージックスクールコントラバス・ウッドベース科講師、コウ ジョン先生の写真
バークリー音楽大学を卒業した コウ ジョン は、ジャズのコントラバス奏者兼作曲家です。彼はまた、ジャズアソシエーションシンガポール(JASS)国際奨学金の最初の受賞者でもあります。
ジョンの音楽の追求は、上海に住んでいた13歳のときに初めてベースを手にしたときに始まりました。当時、彼はベーシストのカーティス・オッスルとプライベートレッスンをしながら、ハンリッヒ・クラッセン氏の指導の下、中学校のオーケストラで演奏していました。ジョンは在学中、AMIS協会(Association for Music in International Schools)が主催する7つの世界規模の青少年音楽祭に出演しました。AMISフェスティバルは世界中のさまざまな場所で開催されているため、ジョンはウィーン、ウォータールー、上海、チューリッヒ、デュッセルドルフ、北京、シンガポールで開催されたフェスティバルに出演しました。ジョンが東京に在住していた高校の最後の2年間で彼はトリオを結成し、地元のジャズクラブで演奏しました。
ジョンは2015年に高校を卒業し、その後すぐにシンガポールに戻り、2年間の徴兵制に奉仕するためにシンガポール軍に参加しました。ジョンは軍隊にいる間、シンガポールのピアニスト Wei Xiang Tan のアルバム「Wei iii」の録音に参加しました。彼が第1回と第2回のライオンシティジャズフェスティバルに出演したのもこの時期でした。最初は伝説的なジャズサックス奏者のベニーゴルソンを、2回目は伝説的なトランペット奏者のランディブレッカーをフィーチャーしていました。
2017年、ジョンはバークリー音楽大学から年間30,000USDの奨学金を受け、その年の9月に入学しました。バークリーで勉強している間、ジョンはベーシストのマイケル・ポープとジョン・ロックウッド、そして2019年のベルン・ジャズ・フェスティバルでジョンと一緒に演奏するためにジョンを抜擢したドラマーのラルフ・ピーターソンに師事しました。そして、ジェイソン・パーマーのバンドで一定期間毎週演奏していました。彼はまた、マレーシアのピアニスト、ウォン・フー・ジェンのデビューアルバム「Quiet Night Thoughts」の録音にも参加しました。
ジョンの音楽キャリアを通じて、彼は世界的に有名なシンガポールのジャズピアニスト、ジェレミーモンテイロの指導も受けてきました。
ジョンの努力や成果は「やることすべてにおいて、神に栄光を帰するために」との信念のもと、神に捧げられています。

・ジャズ・ウッドベース教室、レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

ジャズ・ウッドベース教室

※出張レッスン対応地域:船橋市、八千代市、習志野市、鎌ケ谷市、西白井駅、白井駅

香林佑美

香林佑美

プロフィール

カサメミュージックスクールボーカル科、ソルフェージュ・楽典科講師、香林佑美先生の写真
三歳から子役として、東宝ミュージカル レ・ミゼラブルやNHK歌番組バックコーラスなど、多数作品に出演。私立洗足学園音楽大学 ミュージカルコース卒業。現在はライブ、ミュージカル、ストレート作品など多岐にわたり活動中。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

ソルフェージュ・楽典教室

※出張レッスン対応地域:東京都内
※女性限定、男性の方はご家族でお住まいの方

香林佑美

香林佑美

プロフィール

カサメミュージックスクールボーカル科、ソルフェージュ・楽典科講師、香林佑美先生の写真
三歳から子役として、東宝ミュージカル レ・ミゼラブルやNHK歌番組バックコーラスなど、多数作品に出演。私立洗足学園音楽大学 ミュージカルコース卒業。現在はライブ、ミュージカル、ストレート作品など多岐にわたり活動中。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

ボーカル教室

※出張レッスン対応地域:東京都内
※女性限定、男性の方はご家族でお住まいの方

河田史菜

河田史菜

プロフィール

カサメミュージックスクール声楽科、サックス科講師、河田史菜先生の写真
岡山県倉敷市出身。おかやま山陽高等学校普通科音楽コース、上野学園大学演奏家コース卒業。卒業演奏会出演。
第24回ヤマハ管楽器新人演奏会木管楽器部門に出演。
現在は関東中心に個人レッスンやミュージックダイニングバーで月に1,2回の単独ライブ、チンドン屋等幅広く活動している。
これまでにサクソフォンを井上有記、彦坂眞一郎、松原孝政、長澤範和の各氏に師事。

>>レッスン内容の詳細はこちら

【河田史菜先生 講師演奏 「リベルタンゴ」】

担当教室

※出張レッスン対応地域:JR山手線、東京メトロ千代田線/日比谷線/銀座線各駅

中山アルマ

中山アルマ

プロフィール

カサメミュージックスクール声楽科、ソルフェージュ・楽典科講師、中山アルマ先生の写真
東京生まれ。清泉女学院高等学校卒業後、渡独。ドイツのベルリンとハンブルク・ゼンガーアカデミーで研修を積み後、イタリアのミラノに渡り、イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院声楽科を卒業。
M・グリエルミ、A・M・ピッツォーリ、G・プレスティアに師事。バロック音楽をS・プリーナに師事する。
ヴェルディ音楽院在学中よりマーラー・リスト記念歌曲コンサートのソリストに選出され、ミラノ各地劇場で開催された一連のコンサートに出演。
パリージ指揮ミラノ・クラシック管弦楽団とモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」、ベッリーニ「夢遊病の女」で共演。メンデルスゾーン「ラウダ・シオン」モーツァルト戴冠ミサを始めロッシーニ、シューベルト、ハイドン等多数の宗教曲のソリストとして、レッコ・シンフォニー・オーケストラ(C・ロマン指揮)、デダーロ・ユース管弦楽団(M・フィノッキ指揮)、カリプロ管弦楽団他多くのオーケストラと共演。
モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」、プッチーニ「修道女アンジェリカ」でミラノ・テアトロ89、テアトロ・アッサブワン等の各劇場にて出演。プッチーニ「蝶々夫人」、ヴェルディ「リゴレット」をストラデッラ歌劇場にて、ブッセート・ヴェルディ歌劇場にてビゼー「カルメン」のメルセデス役、ヴェルディ「仮面舞踏会」ウルリカ役で出演し好評を博し、その後「イル・トロヴァトーレ」のアズチェーナ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」のマンマルチーア、「蝶々夫人」のスズキ等、現在に至るまで多数の劇場での契約を得ている。
またバロック音楽の分野ではヴェローナ・バロック音楽アカデミーに所属し、クレモナで開催されるモンテヴェルディ芸術祭にて、ポンキエッリ国立歌劇場のコンサートに出演。フリウリ・バロック音楽祭のコンサートにてヘンデルとヴィヴァルディを歌うなどし、今後も生涯にわたるライフワークとしてバロック音楽、古典歌曲にも力を注いでいる。
2021年イタリアのオペラの殿堂ミラノ・スカラ座合唱団に日本人初のコントラルト歌手として迎え入れられた。
ドイツ、イタリア各地でリサイタルを行っており、数少ない真のアルト性の声質を持つコントラルト歌手として高い評価を得ている。

>>レッスン内容の詳細はこちら(ソルフェージュ・楽典教室)

【イタリアへ音楽留学 〇〇が必須です! 中山アルマ先生】

担当教室

中山アルマ

中山アルマ

プロフィール

カサメミュージックスクール声楽科、ソルフェージュ・楽典科講師、中山アルマ先生の写真
東京生まれ。清泉女学院高等学校卒業後、渡独。ドイツのベルリンとハンブルク・ゼンガーアカデミーで研修を積み後、イタリアのミラノに渡り、イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院声楽科を卒業。
M・グリエルミ、A・M・ピッツォーリ、G・プレスティアに師事。バロック音楽をS・プリーナに師事する。
ヴェルディ音楽院在学中よりマーラー・リスト記念歌曲コンサートのソリストに選出され、ミラノ各地劇場で開催された一連のコンサートに出演。
パリージ指揮ミラノ・クラシック管弦楽団とモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」、ベッリーニ「夢遊病の女」で共演。メンデルスゾーン「ラウダ・シオン」モーツァルト戴冠ミサを始めロッシーニ、シューベルト、ハイドン等多数の宗教曲のソリストとして、レッコ・シンフォニー・オーケストラ(C・ロマン指揮)、デダーロ・ユース管弦楽団(M・フィノッキ指揮)、カリプロ管弦楽団他多くのオーケストラと共演。
モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」「ドン・ジョヴァンニ」、プッチーニ「修道女アンジェリカ」でミラノ・テアトロ89、テアトロ・アッサブワン等の各劇場にて出演。プッチーニ「蝶々夫人」、ヴェルディ「リゴレット」をストラデッラ歌劇場にて、ブッセート・ヴェルディ歌劇場にてビゼー「カルメン」のメルセデス役、ヴェルディ「仮面舞踏会」ウルリカ役で出演し好評を博し、その後「イル・トロヴァトーレ」のアズチェーナ、「カヴァレリア・ルスティカーナ」のマンマルチーア、「蝶々夫人」のスズキ等、現在に至るまで多数の劇場での契約を得ている。
またバロック音楽の分野ではヴェローナ・バロック音楽アカデミーに所属し、クレモナで開催されるモンテヴェルディ芸術祭にて、ポンキエッリ国立歌劇場のコンサートに出演。フリウリ・バロック音楽祭のコンサートにてヘンデルとヴィヴァルディを歌うなどし、今後も生涯にわたるライフワークとしてバロック音楽、古典歌曲にも力を注いでいる。
2021年イタリアのオペラの殿堂ミラノ・スカラ座合唱団に日本人初のコントラルト歌手として迎え入れられた。
ドイツ、イタリア各地でリサイタルを行っており、数少ない真のアルト性の声質を持つコントラルト歌手として高い評価を得ている。

>>レッスン内容の詳細はこちら

【低い音域の声を美しく響かせるポイント 中山アルマ先生】

担当教室


オンラインレッスン料金

料 金
✳いずれもスタジオ代、テキスト代込
月1回

5,500円(税込)

月2回

11,000円(税込)

月3回

16,500円(税込)

月4回

22,000円(税込)

  • 体験レッスン有り、入会金無料!
  • レッスン時間は60分、セッティング、片付けの時間を含みます。
  • 最低月1回〜ご受講いただけます。
  • 固定費用として教材費をいただく事はございませんが、レッスン内容により教材費が発生する場合がございます。

菊池美香

菊池美香

プロフィール

カサメミュージックスクールホルン科講師、菊池美香先生の写真

栃木県出身。
宇都宮短期大学附属高等学校 音楽科を卒業後、洗足学園音楽大学 音楽学部 クラシック科を卒業。
これまでに、ホルンを磯部保彦・飯笹浩二・藪内輝雄の各氏に、室内楽を会田省三・曽我部清典・萩原貴子・星野 均・佛坂咲千生の各氏に師事。
また、ソルフェージュ・楽典・和声学・作曲法を故 藤田正典氏に師事。
オーケストラ・吹奏楽・ブリティッシュブラス・室内楽など、幅広く活動。
ブリティッシュブラスに限り、テナーホーン(アルトホルン)を使用。
東京ブラスソサエティ、A Brass Emotion、宇都宮ブラスソサエティ、栃木ホルンクラブ メンバー。

>>レッスン内容の詳細はこちら

【ホルン4重奏 E.エルガー作曲「愛の挨拶」 菊池美香先生】

担当教室

※菊池美香先生のレッスンは平日18:30以降と土日祝日の開講となります。
※出張レッスン対応地域:宇都宮市内(ご入会後、固定のスケジュールでご受講いただく方)