澤野裕基先生(プロフィール&レッスン内容)

澤野裕基先生

♪正しい順序で基礎からしっかり練習していきましょう♪

☆講師からのご挨拶


アコースティックギターは一人でもみんなとでも弾ける。持ち運びができ、場所も選ばない。
技術が奥深く生涯を通して学ぶことが出来る。ジャンルを選ばず、他の楽器とも相性がいい。
などたくさんの魅力に溢れた楽器であり、みなさんにとって最高の趣味になると思います!
私自身、練習していると今でも新しい発見がたくさんあり、日々ギターや音楽を通じて学ぶということを楽しんでいます。
今まで知らなかった世界を知る、できなかったことができるようになるというのは本当に充実感があり、人生を豊かにしてくれるものです。
皆さんのそういったチャレンジのお手伝いが出来ることを楽しみにしています!
全力でサポートさせていただきますのでぜひお気軽にお問い合わせください!

アコースティックギター教室担当 澤野 裕基

☆レッスンの進め方

いきなりコードからやるのではなく、まず基本的なフォームとローポジションの音階とを覚えたら私の伴奏のもとで簡単な曲のメロディーを弾いて音楽体験をしてもらいます。
その後段々と2つ、3つとだんだん音を増やしながら伴奏に移り、いずれは本格的なソロギターや弾き語りへと進みます。
独学の方などがギターに対する既存のイメージでコード伴奏から始めてしまい、技術的に無理が出て挫折してしまうことがありますが、単音から始めて1つずつステップを踏むことでつまづきやすいこの段階を誰でもクリアすることができます!

初心者の方へ

当たり前ですが誰でも最初は初心者です。
教室にいらっしゃる方もギターの種類がわからなかったり楽器に初めて触れる人がほとんどですし、アコースティックギターは正しい順序で練習すれば誰でも技術は身につきますのでご安心ください。一緒に頑張りましょう!

経験者の方へ

自分で練習していると「この先何をしたら良いかわからない。」とか「本当にこのやり方で正しいのかわからない。」などさまざまな悩みが出てくることと思います。
人に見てもらい客観的なアドバイスを受けることで自分でも気づかなかった発見があり、そこから更に深く学べるようになります。
何年も悩んでいた技術がたった一つ改善するだけクリアできてしまったなんてこともよくあります。
一生懸命練習することは大切ですが、道を間違えてどんどん違った方向に進んでいってしまわないよう定期的にレッスンで軌道修正しましょう。
今までよりきっと効率的に上達できるはずです。共に学ぶ楽しみを共感できればと思います。

プロを目指す方へ

プロになるというのは人が求めるサービスを提供する側になるということであり、自分の音楽がどのように人の役に立つのかを考えなくてはなりません。演奏ばかりではなく、レッスンやコンサートの企画などプロミュージシャンの仕事はさまざまです。その中で自分が音楽とどのように関わっていきたいのかを見つめ、それぞれに応じて必要な能力を身につけることが大切です。こちらでは更なる演奏技術の向上に加え、私のこれまでの経験から音楽でどうやって生計を立てていくのかというところまでアドバイスさせていただくことができます。1人の先輩プロミュージシャンとして何でもご相談ください!

主なレッスン内容

・基本的なフォーム

・開放弦でアポヤンド奏法やピッキングの練習

・ローポジションでの音階練習

・曲のメロディーを先生の伴奏に合わせて弾く練習

・p,iを使った伴奏

・簡単なコードでの伴奏(アルペジオ・ストローク)

・楽典

・本格的なギターソロやアンサンブル、弾き語りなど

☆プロフィール

中学1年生の頃ギターを始め高校ではクラシックギター部に所属。その後国際新堀芸術学院に進学し、在学中には学生有志のオーケストラである新堀ギターオーケストラBグループのコンサートマスターや相模原市立上溝中学校ギター合奏部の技術指導、新堀ギター音楽院三軒茶屋教室の運営も経験する。
2012年に㈱新堀ギターアカデミー入社。5年間で鷺沼教室、上大岡教室の主任を務め4歳から83歳まで計300名以上の方のレッスンを担当する傍ら、新堀ギターフィルハーモニーオーケストラのメンバーとしてイタリア・ミラノ音楽院での演奏会や香港での国際親善公演に参加。
その他新堀ギター音楽祭の主宰として参加者650名を超えるグループ最大規模の発表会や全日本ギターコンクールの企画、マネジメントも行う。
2017年4月独立し、さわの Guitar Lab.を開校。
演奏面では全日本学生ギターフェスティバル独奏部門特別金賞、全日本ギターコンクール重奏部門最優秀賞、ギター音楽大賞リベラル部門金賞等の受賞歴がある。

☆主なレッスン場所

生田、読売ランド前など