榊原太郎先生(プロフィール&レッスン内容)

♪ ソルフェージュ・楽典講師 ♪
♪ 榊原太郎 先生からのご挨拶 ♪

♪今後の音楽活動に役立つように一緒にトレーニング♪

カサメミュージックスクールソルフェージュ・楽典科講師、榊原太郎先生の写真

ソルフェージュ・楽典科講師の榊原太郎です。
普段の活動はジャズの演奏が主ですが、ソルフェージュ・楽典については幼少の頃から、そしてフランス留学時代に学んできました。
初見力を鍛えたり、楽譜を見てすぐに色々なことを把握できるようになるということは、実際の演奏の現場でとても役に立ちます(たとえあまり楽譜を使わないようなジャズの現場でも)。もちろん聴音の訓練はどのジャンルでも必要です。
一緒にトレーニングしていきましょう。


☆対応可能ジャンル☆

ソルフェージュ・楽典、ジャズ理論、コントラバス(クラシック、ジャズ)、音大受験対策にも対応可


☆主なレッスン場所☆

ソルフェージュ・楽典教室

練馬高野台石神井公園江古田小竹向原新桜台桜台練馬豊島園オンラインソルフェージュ・楽典レッスン

※出張レッスン対応地域:西武池袋線(池袋駅〜小手指駅)、西武有楽町線(和光市駅〜市ヶ谷駅)、副都心線(和光市駅〜新宿三丁目駅)、丸ノ内線(池袋駅〜本郷三丁目駅)、都営大江戸線(光が丘駅〜新宿駅)、山手線(田端駅〜池袋駅〜新宿駅)、埼京線(赤羽駅〜新宿駅)、東武東上線(池袋駅〜和光市駅)

ソルフェージュ・楽典講師 榊原太郎


【榊原太郎先生 ソルフェージュ・楽典教室について】


☆レッスンの進め方☆

基本的には1回のレッスンの中で楽典と視唱、聴音の練習を少しづつやっていきます。
目標をどこに設定するかで多少内容は変わってくると思いますが、苦手なところを重点的にやってみたり、その都度ご相談しながらやっていきましょう。


☆初心者の方へ☆

全く初めての方だと、とても新鮮かつ難しく感じるかもしれませんが、簡単なことから一つずつやっていけば次第に上達します。
ご自身の楽器の演奏もしくは歌にきっと良い影響があると思いますので、ゲーム感覚で気軽に練習してみましょう。


☆経験者の方へ☆

ソルフェージュは、なかなか一人では練習しにくいものでもあるかと思います。
聴音や視唱の課題作りなど、目標とするレベルに合わせてお手伝いさせていただきます。


☆音大受験をお考えの方へ☆

音大受験を目標にされている方にはその対策はもちろんですが、今後の音楽活動に役立つように一緒にトレーニングしていきましょう。


☆講師としての強み☆

ソルフェージュ・楽典というとクラシック音楽のためのものと思いがちですが、音楽の基礎力としてどんな音楽を演奏する場合にも役に立ちます。
ジャズをやっているけれどパッと楽譜を渡された時にすぐ演奏できるよう初見に強くなりたい方など、基礎力向上のために様々なシチュエーションを想定してトレーニングを行います。
またフランス渡航や留学を考えている方は、音楽理論をフランス語でも勉強しておくと後々役に立つと思いますので、ご提案いたします。


☆プロフィール☆

コントラバス奏者・作編曲家
6歳でピアノ、14歳でコントラバスを始め、吹奏楽やオーケストラで演奏。大学在学中からジャズベーシストとして活動を開始し、九州を中心に自己のグループや国内外の音楽家のサポートの他、クラシックの室内楽など様々なジャンルに携わる。
2014年にフランスへ渡り、エコール・ノルマル音楽院にてクラシック演奏をFelipe Canales氏に師事し第5教育課程を修了。その後モントルイユ音楽院にて、オルケストラ・ド・コントラバスなどで世界的に活躍するJean-Philippe Viret氏に即興演奏や作曲、発展的な奏法を師事。また編曲をSylvia Versini、リズムトレーニングを Stéphane Payen、アンサンブルとDTMをDenis Guivarc’h各氏に師事し、DEM(仏国家認定ディプロム)を取得。
2017年パリ交通公団RATPの主催するMusiciens du Métroのオーディションに合格し、公認ミュージシャンとしてコントラバス・ソロの演奏活動を行う。
自己のグループではパリの老舗ジャズクラブSunset Sunsideなどで演奏。ピアニストBenjamin Gobinetとのデュオは2019年ブカレスト国際ジャズコンペティションでセミファイナリストに選ばれる。
2018年からは演奏活動の傍ら、フランス東部トロワ音楽院にてコントラバス科講師として勤務するなど指導にもあたる。
現在は帰国し、東京を拠点にジャンルを問わず演奏活動を行う。
2021年より世界的ジャズギタリスト増尾好秋氏のMAGATAMAに参加。

オンラインレッスン