音屋のよっぴ先生
作曲・DTM科 レッスン内容

♪作曲・DTM講師 音屋のよっぴ 先生からのご挨拶♪

♪様々なジャンルの作・編曲から、DTMまでレッスンします♪

これから教え子になるかもしれないみなさん、はじめまして。音屋のよっぴと申します。作曲する人、バンド活動をする人、個人で「歌ってみた」動画を作っている人、さまざまな音楽のカタチがありますが、長いコト音楽活動を続けていると、そういった人達が陥りやすい罠が多数存在すると感じます。例えば

「バンドでリハスタに入った時ギターがやかましい」
「15年ピアノを習っているけどどうにもカッコいいキーボーディストになれない」
「自分の歌を録ると何故か浮いているように感じる」

といった一見簡単な症状でも、解決には実は少々専門的な知識や経験が必要になってきたりします。ちょっと正しい方向に向かえば劇的にカッコよくなったりする、でも自分ではそれに気づかない、というアマチュアミュージシャンは本当にたくさんいます。そういった人達の手助けがほんのわずかでもできれば、と思っております。


☆対応可能ジャンル☆

ポップス、ロック、ハードロック、メタル、キーボード、ギター


☆レッスン開講地域☆

中野新中野高円寺阿佐ヶ谷南阿佐ヶ谷荻窪西荻窪吉祥寺井の頭公園武蔵小金井国分寺立川日野八王子京王八王子初台参宮橋笹塚明大前東松原代田橋千歳烏山芦花公園府中府中本町聖蹟桜ヶ丘オンライン作曲・DTMレッスン

※DTMのレッスンは日野、もしくはご自宅への出張レッスンでのみ対応可能となります
※訪問・出張レッスン対応地域:JR中央線新宿〜八王子間、京王線新宿〜京王八王子間

作曲・DTM講師 音屋のよっぴ

レッスンの進め方

最初は主に無駄話をします。それでお互いが何を思っているのか、どんなサウンドを出したいのか、それに対してどうしたいのかを理解するところから始めます。その上で生徒さんの希望になるべく沿うように、基礎から応用まで教えられる限りの全てを伝授していきます。例えば「クラスのみんなにホメられたい」という要望であれば、まずそういった小手先のズルのようなテクニックを教えます。その後で何故それでカッコよくなるのかを説明します。この説明がないと応用ができないのでこれは生徒さん自身の個性を活かす上でも必須です。逆に「基礎からみっちり真面目にやりたい」という要望ならば、いわゆる学校で教えるような教科書通りの順番で進めていき、応用の部分で「先生の言うコトを言われたままやってもそれはほぼ先生の作品、なので教わったコトを守りつつ自分の個性を出してやってみよう」といった授業になっていきます。また、グループレッスンの場合はそのクラスの全員が必要なところから教えていきますので完全に自分好みのレッスンの進め方にはならないとは思いますが、最終的には全部必要なコトですので無駄にはなりません。


初心者の方へ

まずは音楽を一緒に楽しみながら仲良くなりましょう。「お金を払って誰かに教わる」という選択肢を選んだ時点で一般のアマチュアミュージシャンより真面目だったりやる気があったりするというコトです。その真面目さが悪い方向に行かないためにも音楽を楽しみながらやっていくつもりでいきましょう。


経験者の方へ

例えば人間は「大音量だといい音に聞こえる」という錯覚を持つ生き物です。リハスタで大音量で練習している中でいい仕上がりになって、イザ録音して自宅で聴いてみると「あれ?こんなハズじゃないんだけどな」「普段はもっと上手く弾けるのに」といったコトになったりします。他にもこういった罠はたくさんありますが「理想の音が脳内では鳴っているけど実際にはその音ではない」という部分から目をそらさずにキチンと意識して本当に理想の音が出ると楽しさも倍増します。「コレが自分の音だ!」と胸を張って言える音を出せるようになるととても楽しいですよ。


プロを目指す方へ

プロだからといって基本的にアマチュアと変わりません。実際プロよりデキるアマチュアは多数存在します。ただ、プロは失敗が許されないので「全力で失敗してもプロクオリティ」なのです。いついかなる時でも最低限のクオリティを保たなければなりません。
それからアマチュアとの大きな違いは、プロである以上聴いてくださるお客様を第一に考えるコトです。ライヴに来てくださる方々、音源を買ってくださる方々はお金を払っているのです。それに見合う満足を提供するのがプロです。媚びずに自分の個性を最大限に活かし、なおかつお客様を満足させる。こういったコトがプロには要求されます。その手法は人それぞれなので、一緒に考えていきましょう。


主なレッスン内容

・音楽理論、作編曲、作詞
・バンドアンサンブル
・レコーディング、ミックス

講師プロフィール

ミュージックカレッジメーザーハウスにて音楽理論を佐藤允彦氏に、バンドアンサンブルを橋本一子氏に師事。卒業後神谷重徳氏に師事。ゲーム業界を中心にいわゆるアキバ系音楽業界を活動のメインフィールドとする。自身がバンドサウンドを好むこともあり、積極的なライヴ活動も展開。講師としても長いキャリアを持ち、音楽理論、作詞、作編曲、レコーディング、ミックス、シンセサイザーによる音色作成等の授業を行う。その他、個人やバンド、作曲や演奏といった形態に関わらずカウンセリングも行う。


オンラインレッスン