オンラインレッスン

実力派トロンボーン講師、岩城宏平先生にインタビュー

カサメの誇る実力派トロンボーン講師、岩城宏平先生にインタビューさせていただきました!

今回はカサメの講師であり、トロンボーン奏者として輝かしい実績を残されてきた大活躍中の岩城宏平先生にトロンボーンのレッスンなどに関してインタビューさせていただきました。

講師プロフィールはこちら

講師演奏動画

☆主なレッスン場所
津田沼、南行徳、行徳、葛西
オンラインレッスンにも対応します

▶︎▶︎オンライントロンボーンレッスンのお申込はこちら

【レッスンについて】

-岩城宏平先生のレッスンは主な進めかたやレッスンで大事にしていること、モットーのようなものはありますか?

最初の初回のレッスンの際に「どういうことをしたいのか」「どういうことで悩んでいるのか」というのをまず聞きます。
例えば、普段会社勤めで昔トロンボーンやってて、音はでますが楽譜の読み方も忘れちゃって、みたいな方であれば、何かやりたい曲があるかお伺いして、あればそれをマスターするみたいな形でレッスンを詰めていったりする感じですが

基本的に僕の教え方は基礎重視でやっています。なぜ基礎重視でやるかというと、曲を吹いて上手くなるって事ももちろんあるのですが、楽器をやる上で操るためのテクニックがないと自分の思い通りに曲が出来ないと思います。

なので中学生や高校生とか教える際には、基礎の重要性みたいなのをお伝えして、基礎ができればあとは自分で音楽をつければ良いだけだよっという考えを最初に言います。

トロンボーンって管楽器はどの楽器もそうなんですけど、やっぱり音を出すまでが難しいので、割とそれがクリアすれば、音楽の感性はわりと自分の中にもう入ってるものだと思います。

例えばカラオケとかで歌ってと言われた時に、自分なりに「こういうイメージだから」って優雅な曲だったら優雅に歌ったりとかすると思うんですけども、トロンボーンとかそういう楽器って、まずそこまで行けないので、そこまで行くお手伝いが出来れば、あとは自分で音楽をやるみたいな感じが1番その生徒様にとって良いのかなと思いますので、そういう形で今は進めていますね。

-管楽器の基礎練習の場合は他の楽器に加えて、ロングトーンなどのトレーニングがあると思いますが、やはりその辺りの基礎練習が重要ですか?

僕の中で良い音楽するためには3要素あるなと思ってて。

まず“音程”
頭の中に音程を作ってあげること、それがすごい大切で

あと“リズム”
リズム感をしっかりしないと曲は曲に聞こえないよっていうこと

あと“音色”
という3つの種類があって

音程はリップスラーという技巧を使ったり、タンギングの練習っていったらリズムとかの練習にもなるし、音色に関することはロングトーンでやったりしますが、僕はその中で「これが絶対大切」っていうのはなくて、全部大切と思ってます。

【暫くやっていないとゼロからスタートなのか】

-金管楽器の場合は何十年とかやっていない期間があると、ほぼほぼゼロに戻っちゃうという話を聞いたことがあるのですが、実際のところそういった方はいらっしゃいましたか?

いえ、完全なゼロにはならないと思います。

僕の生徒様で中学校の時までトロンボーン吹いてて、そこから音楽やってなくて10年ぶりぐらいに楽器を触った人が1人いるんですけども

10年も空いてるから音出るか分かりませんという感じで、楽器も貸し出して、その時が本当に10年ぶりに吹いたみたいな感じだったのですが、びっくりしたのは普通に音階が吹けたっていう事です。細かなところとか音色がどうとかっていうのは仕方ないですけど、割と音の出し方とか、例えばポジションとかっていうのは、覚えてるんだなと思いました。

【練習環境について】

-金管楽器は音量が大きいので、自宅練習が厳しい方が多いと思いますが、スタジオやカラオケで練習することが主流ですか?

そうですね、ただプラクティスミュートというものがありまして。

プラクティスミュートを使用すると普通に楽器を吹いたら、テレビの音は聞こえないんですけど、これを付けたらテレビの音量と同じぐらいに下がるので、生徒さんもミュート使って吹いています、マンションとかでもこれをつければ練習出来ると思います。

ただ流石これに慣れちゃうと外した時に音質とかが変わるので、プラクティスミュートでの練習に偏りすぎは良くないですが、ちょっと練習しないといけないとか、練習できる環境がないって時はオススメです。

僕も地方とかのホテルに泊まって吹けないって時は、これを使って音出しとかの練習をしますので割と使えますね。
なので自宅で吹く時はこのミュートを使って、アマチュアの吹奏楽団とかの練習のときは外して吹くっていう形でやられてる方は多いです。

しかもこのミュート、凄い便利なのが、普通のミュートだったら楽器ケースの中に入らなかったりするんですけど、楽器に普通に収まっちゃうので、別のケース無しでケースにそのまま収納できるのでとても便利です。

まとめ

・岩城先生のレッスンは、生徒様のやりたいことを伺った上で基礎で着実なテクニックを身に付けながら生徒様の感性を最大限発揮できるようにレッスンをしていただけます。
・昔トロンボーンをやっていて暫くやっていない方も、自転車に乗れるような要領で基本的にゼロには戻らないので、トロンボーンを再び始めたくなった方もスタートできる。

岩城先生のレッスンでは基礎を重んじておられますが、つまらない内容の基礎を修行のように続けるのではなく、生徒様のやりたいことに対して、最短ルートを導くための基礎であり明確な意味を持った基礎練習ですので、レッスンを受けている生徒様は飛躍的に進歩するのではないでしょうか。

トロンボーンをより上手くなりたい方も、トロンボーンで音楽を純粋に楽しみたい方も岩城先生のレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?
無料体験レッスン