水本泰喜

水本泰喜

プロフィール


1990年生まれ。
5歳でピアノを始め、11歳の時に練馬区ジュニアオーケストラのオーディションに合格し、パーカッションを始める。16歳からドラムを始め、大学在学中からプロドラマーとしての活動を開始。大学卒業後、村上広樹氏に師事。
ジャンルを問わず様々なアーティストのサポートドラマーとして活動する傍ら、自身のセッションユニット「Tabasco」のドラマーとして都内を中心にライブ活動を行う。また、パソコンと電子ドラムを駆使したドラムアレンジ、ドラム音源の提供を行うなど、幅広く活動を展開している。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

オンラインレッスン