宮脇義徳

宮脇義徳

プロフィール


10才でピアノを始め、高校2年の時テナーサックスを手にし、大学時代では映画音楽やポップスなどを演奏するオーケストラで慶応大学アンサンブルファミーユ(KEF)に所属しテナーサックスを担当。
卒業後はバンドを結成、アルトサックスを担当し日本のフュージョンなどを演奏。
学生時代から興味を持っていたジャズサックスを、古谷光広氏および足立衛氏に師事し、一方サックスと並行して吹いていたフルートはジャズ、ボサノバなどを青木美江氏に師事。
現在は大阪を中心に関西でジャズバーなどでフルートとアルトサックス でカルテットあるいはトリオでジャズ・ボサノバ ライブ活動を行っています。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

※出張レッスン対応地域:大阪を中心に、芦屋、宝塚、箕面、千里中央、高槻、枚方、松井山手、生駒、八尾、中百舌鳥、羽衣

オンラインレッスン