黒河博文 先生(プロフィール&レッスン内容)

黒河博文先生

♪いい音を出すために必要な基礎練習から実践を想定したアプローチ方法までサポート♪

☆講師からのご挨拶


サックスと作曲のレッスンをしています。クラシックのような美しいものからロックのような激しいものまで音楽が大好きです。
管楽器奏者では珍しく、高校までは吹奏楽部ではなく体育会系の部活の傍らピアノばかり弾いていました。
音楽はもちろん、それ以外のことから得ることができた多くのことをシェアしていきます。
レッスンを通して多くの方に出会えることを楽しみにしてます。

サックス講師 黒河博文

☆レッスンの進め方

内容はポピュラーミュージックに関する事全般です。
初心者の方はいい音を出すために必要な練習に重点をおきつつ、アンサンブルを楽しむためのすべての要素の基礎を一緒に練習します。
中級者(経験者)の方へは実践を想定した練習が中心です。
アンサンブルを想定したフレーズの作り方、アドリブの基礎や、各ジャンルに適した奏法などを練習します。
さらに上を目指す上級者の方へはコード・メロディ・リズムからの様々なアプローチを練習していきます。

作曲では全体像からイメージし、表現したい世界観をどのように音で表現するか、メロディ・ハーモニー・リズムからのアプローチでいろいろな可能性を探ります。

☆初心者の方へ

初めて楽器を手にしたときの喜びと、全然音が出なかった時の歯がゆさをいまだによく覚えています。
正しい吹き方を教わるとそこからは吹くことが楽しくて、早く次のレベルに行きたくて練習に明け暮れてました。はじめのうちに正しい奏法を身につけることは
その後の上達具合にも大きく影響します。いくつになっても音楽を楽しめるようサポートいたします。

☆経験者の方へ

レベルや経験値は人により様々ですが、より一層音楽を楽しむための材料を提案できるよう心がけています。
サックスはどのジャンルでも音楽に華をそえられる魅力のある楽器です。人の心を打つ音色とフレーズを作っていきましょう。
作曲は全体をイメージする想像力が必要で、他の楽器のことも知らないといけない分大変ですが、形になった時の喜びや興奮を味わえば、もっと深く音楽を知りたくなると思います。
前述のとおり、イメージをどのように音で表現するか、メロディ・ハーモニー・リズムからのアプローチでいろいろな
可能性を探ります。

☆プロフィール

サックス奏者としては大学在学中よりライブ・レコーディング・ブライダル等での演奏活動を開始。演奏ジャンルはこれまでにジャズを中心に、ファンクやフュージョンのバンドの他、ロックやブルースのレコーディングに参加。
また作曲において、アメリカで開催されている世界最大規模のインターナショナルソングライティングコンペティションにおいてインストゥルメンタル部門でファイナリストに選ばれ、HONORABLE MENTIONを受賞。同年のジャズ部門でもセミファイナリストに選ばれる。
その後渡米し、半年ほどニューヨークで活動し数多くのミュージシャンとセッションを重ね、全曲自身のオリジナル曲でレコーディングを行い帰国。

講師演奏動画

☆主なレッスン場所

渋谷、池袋、高田馬場、中野、吉祥寺、谷町六丁目、五位堂など