河上佑一

河上佑一

プロフィール


千葉県出身。東京大学文学部中退、専攻は英文学(詩)。
大学入学と同時にテナーサックスを始める。在学中ビッグバンド、ジャズ研究会を渡り歩く傍ら、ジャズサックスを佐藤達哉及び竹内直両氏に師事。
ジャズ・インプロビゼーションをいかに人間の言語に近付けるかを探究する中でスタン・ゲッツやデクスター・ゴードンから強い影響を受け、ビバップをベースにした奏法を確立する。現在、ビッグバンドやポップスバンドのサポートで活動する傍ら、ファンクバンド“Do The Right Thing” のフロントも務める。

講師演奏動画

担当教室