J.Kizuka(木塚)先生
ポピュラー音楽理論科
レッスン内容

♪ ポピュラー音楽理論講師 ♪
♪ J.Kizuka(木塚) 先生からのご挨拶 ♪

♪最適なレッスンメニューを作成して学びやすい環境をご提供♪

カサメミュージックスクールポピュラー音楽理論科講師、j.kizuka(木塚)先生の写真

音楽理論、セオリー、何だか難しそうな感じですね。でも、決してそんなことはありません。
一度、身につけてしまえば、一生使うことができる便利な音楽ツールとなります。
ポピュラー音楽理論科、ジャズ理論科のレッスンを通して、音楽理論の研究を積み重ね、さらに身につけたことを応用、実践へとつなげていってほしいと願っています。

・ポピュラー音楽理論科では、ポピュラー音楽理論を理解し身につけること、作曲力・編曲力の向上を目指します。
・ジャズ理論科では、ジャズ理論を理解し身につけること、アドリブ演奏力の向上を目指します。

一定期間、音楽理論の研究を積み重ねれば今後、生徒様と音楽との関係に大きな変化が現れると思います。
音楽の実力を高める楽な方法はありません。一歩一歩、地道に毎日研究を重ね、実力を高めていくしかありません。
生徒様の音楽的バックグラウンド、進みたい方向をしっかりと一緒に確認して、音楽の実力を高めていきましょう!
あなたの音楽を、夢を応援させてください。


☆対応可能ジャンル☆

ポピュラー音楽理論、ジャズ理論、オーケストラ、クラシックなど


☆主なレッスン場所☆

ポピュラー音楽理論教室

あざみ野江田オンラインポピュラー音楽理論レッスン

ポピュラー音楽理論講師 j.kizuka(木塚)

☆レッスンの進め方☆

レッスンの柱は、ポピュラー音楽理論の理解を深め、身につけ、作曲力・編曲力を向上させることです。
一人ひとりの音楽的バックグラウンドによって、違ったレッスン・メニューになるはずです。

作曲力向上を目指す生徒様向けメニュー、大まかな流れ
① 譜面の読み方・書き方確認
② メロディー8小節の作り方研究
コード進行にメロディーを乗せる練習
③ 形式、フォーム研究
ポップスで使われる代表的な型、フォームの研究
④ 部分対比研究
Aメロ、ブリッジ、サビをどのように対比させていくかの研究
⑤ 実践練習
アドバイスを受けながら作曲練習を繰り返す

編曲力向上を目指す生徒様向けメニュー、大まかな流れ
① 全体感、方向性研究
最終的に曲をどのようにするのか?リズム・イメージ、サウンド・イメージの研究
② リズム・パターン研究
8ビート、16ビート、3連系ドラム&ベース・コンビネーションの研究
③ リズム要素研究
土台となるドラム&ベース・コンビネーションの上に載せるリズム要素(キーボード、ギター、シンセサイザー他)をどう扱うかの研究
④ 主旋律以外の旋律要素研究
合いの手(オブリガード)&裏メロ(カウンター・メロディー)の研究
⑤ アレンジ的部分対比研究
イントロ、Aメロ、ブリッジ、サビ、間奏、エンディングをどのようにアレンジ側面から対比させていくかの研究
⑥ アレンジ実践練習
アドバイスを受けながら、編曲練習の繰り返し

作曲と編曲の境界線はどこにあるのでしょうか?様々な考え方がありますが、残念ながら、明確な答えはありません。グレーゾーンということです。
レッスンも作曲と編曲をはっきり区別して考えるのではなく、ミックスしながら進めていくことになります。


☆初心者の方へ☆

まずは、作曲プロセスを確立しましょう!
何と言ってもメロディー8小節がしっかりと作れるようになることが第一の目標です。そのためには練習が必要です。毎日、少しずつ練習を積み重ねていきましょう。
次に大事なことは、1曲に組み合わせていく場合にそれぞれの部分部分をうまく対比させることです。8小節だけを考えていればよかったときに比べ、曲全体を考える力が求められる段階です。
後は、時間の許す限り何曲も作ってみること。そして、自分自身の作曲プロセスを確立できれば最高です。
あなたの作品を知り合いに聴いてもらい、人と自分の曲に対する感じ方の違いを冷静に考えて、次の作品に活かせればさらにグッドです。作曲レベルは間違いなく上がっていきます。


☆経験者の方へ☆

幅広い楽曲を研究して、人を惹きつけるオリジナリティー溢れるアレンジを目指しましょう!
何と言っても、曲の土台となるリズム・アレンジがしっかりできるようになることが第一の目標です。
次に大事なことは、人を惹きつけるあなたにしかできないアレンジを心掛けていくことです。音楽的要素の好き嫌いをはっきりさせることで、あなたのオリジナル・サウンドは徐々に形作られていくはずです。
後は、時間の許す限り何曲もアレンジしてみること。そして、自分自身の編曲プロセスを確立できれば最高です。
知り合いにアレンジした作品を聴いてもらい、感想を謙虚に受け止め、次のアレンジに活かすことも大切です。


☆講師としての強み☆

多くの生徒様と接してきた永年の経験は、かけがえのないものです。
生徒様としっかり話し合い、最適なレッスン・メニューを作成して学びやすい環境をご提供させていただきたいと考えています。
生徒様の心が今どちらに向いているのか?何を学びたいのか?求めているテーマを探り当てたいと思います。それこそが生徒様ご自身、一番パワーを注ぐことができるテーマだからです。
あなたが悩んでいること、知りたいこと、追求してみたいこと、ぜひお聞かせください。


☆プロフィール☆

J. Kizuka(木塚先生)
アメリカ、ボストンのバークリー音楽院にて、クラシックからジャズ、シンセサイザーからオーケストラまで、広範囲にわたる作曲・編曲を研究。
音楽院にて、世界的ビブラフォン奏者、ゲーリー・バートン氏のインプロビゼーション・クラスを受講、アドリブ演奏の奥深さに目覚め、以後研究をつづける。
卒業後、作曲家・編曲家として活動開始。Bayfm78ジングルの多くを作曲・編曲。同局が毎日放送している、Traffic Updates、Airline Updates、Weather Updates、Bayfm Updates、などの情報音楽を担当。
ホリプロ制作によるミュージカル『サザエさん』(94年、音楽監修、松任谷正隆)のサントラ・アルバムに全曲アレンジで参加。『カルピスウォーター』や『苗場プリンスホテル』などのテレビ・コマーシャルも編曲。94年10月から1年間、NHKで放送された『春よ来い』(原作、橋田寿賀子)の劇伴を松任谷正隆氏とともに担当。
作曲家・編曲家・音楽講師・アーティストとして活動中。JASRACメンバー。

オンラインレッスン