J.Kizuka(木塚)先生
ジャズ理論科 レッスン内容

♪ ジャズ理論講師 J.Kizuka(木塚) 先生からのご挨拶 ♪

♪最適なレッスンメニューを作成して学びやすい環境をご提供♪

カサメミュージックスクールジャズ理論科講師、j.kizuka(木塚)先生の写真

音楽理論、セオリー、何だか難しそうな感じですね。でも、決してそんなことはありません。
一度、身につけてしまえば、一生使うことができる便利な音楽ツールとなります。
ジャズ理論科、ポピュラー音楽理論科のレッスンを通して、音楽理論の研究を積み重ね、さらに身につけたことを応用、実践へとつなげていってほしいと願っています。

・ジャズ理論科では、ジャズ理論を理解し身につけること、アドリブ演奏力の向上を目指します。
・ポピュラー音楽理論科では、ポピュラー音楽理論を理解し身につけること、作曲力・編曲力の向上を目指します。

一定期間、音楽理論の研究を積み重ねれば今後、生徒様と音楽との関係に大きな変化が現れると思います。
音楽の実力を高める楽な方法はありません。一歩一歩、地道に毎日研究を重ね、実力を高めていくしかありません。
生徒様の音楽的バックグラウンド、進みたい方向をしっかりと一緒に確認して、音楽の実力を高めていきましょう!
あなたの音楽を、夢を応援させてください。


☆対応可能ジャンル☆

ジャズ理論、ポピュラー音楽理論、オーケストラ、クラシックなど


☆主なレッスン場所☆

ジャズ理論教室

あざみ野江田オンラインジャズ理論レッスン

ジャズ理論講師 J.Kizuka(木塚)

☆レッスンの進め方☆

レッスンの柱は、ジャズ理論の理解を深め、身につけ、アドリブ演奏力を向上させることです。
アドリブの根幹となるセオリーを、生徒様のレベルに合わせてお伝えしていきます。
あなたが取り組んでいる楽器がピアノであれ、ギターであれ、サックスであれ、トランペットであれ、クラリネットであれ、楽器は問いません。
レッスンは、アドリブ演奏ができるようになるためのアイデア、方法論、練習方法を、ジャズ・スタンダードのコード進行を使って解説します。
シンプルなコード進行を使ってアドリブの基本を研究し、あなたが取り組んでみたいスタンダード曲へとレパートリーを広げていきます。
さて、「アドリブができるようになるためには何を理解して、どのように練習すればいいのでしょうか?」
コード進行の理解?スケール練習?アルペジオ練習?
どれも大切な要素ですが、これら3つを完璧に習得してもアドリブ演奏ができるわけではありません。
1つの音楽的アイデアをもとに、3つをどのように組み合わせてフレーズへ、アドリブへと生まれ変わらせていくのか?
その答えは、レッスンをつづけていく中で、必ず発見できます。


☆初心者の方へ☆

まずは、しっかりと音楽の基礎を固めることです。コードとスケールの関係を理解するにとどまらず、身につけることに専念しましょう。
基礎固めには、根気が欠かせません。時には、ひたすらただ繰り返すことも必要です。そういった単純な作業を、苦もなくこなせてしまう人が中にはいます。尊敬に値しますよね。
ポイントは、どうやら「生活の一部として組み込んでしまう」ことのようです。歯磨きと同じ次元で考えると良いそうです。


☆経験者の方へ☆

身につけたことを、いよいよ実践に応用していく段階です。
ジャズ・ピアノの巨匠、ビル・エバンスは、インプロビゼーション、即興演奏を書道に例えました。
「書道家は、その瞬間の思いを半紙に描く。出来上がったものを修正することはできない。作品にはいつも不完全さが残っている。しかし見方によっては、言葉にはできない、なにかがそこにとらえられていることに気づく。ジャズ・インプロヴィゼーションも、時間というキャンバスに、音という絵の具でメロディーを瞬間的に描いてゆくこと。」
この境地に達するには、まだまだ時間がかかるのかもしれません。そんな奥深いインプロビゼーション、即興演奏の世界を、一緒に追求してみませんか?


☆講師としての強み☆

多くの生徒様と接してきた永年の経験は、かけがえのないものです。
生徒様としっかり話し合い、最適なレッスン・メニューを作成して学びやすい環境をご提供させていただきたいと考えています。
生徒様の心が今どちらに向いているのか?何を学びたいのか?求めているテーマを探り当てたいと思います。それこそが生徒様ご自身、一番パワーを注ぐことができるテーマだからです。
あなたが悩んでいること、知りたいこと、追求してみたいこと、ぜひお聞かせください。


☆プロフィール☆

J.Kizuka(木塚先生)
アメリカ、ボストンのバークリー音楽院にて、クラシックからジャズ、シンセサイザーからオーケストラまで、広範囲にわたる作曲・編曲を研究。
音楽院にて、世界的ビブラフォン奏者、ゲーリー・バートン氏のインプロビゼーション・クラスを受講、アドリブ演奏の奥深さに目覚め、以後研究をつづける。
卒業後、作曲家・編曲家として活動開始。Bayfm78ジングルの多くを作曲・編曲。同局が毎日放送している、Traffic Updates、Airline Updates、Weather Updates、Bayfm Updates、などの情報音楽を担当。
ホリプロ制作によるミュージカル『サザエさん』(94年、音楽監修、松任谷正隆)のサントラ・アルバムに全曲アレンジで参加。『カルピスウォーター』や『苗場プリンスホテル』などのテレビ・コマーシャルも編曲。94年10月から1年間、NHKで放送された『春よ来い』(原作、橋田寿賀子)の劇伴を松任谷正隆氏とともに担当。
作曲家・編曲家・音楽講師・アーティストとして活動中。JASRACメンバー。

オンラインレッスン