早川千尋

早川千尋

プロフィール


長野県長野市出身。小諸高校音楽科、国立音楽大学音楽学部弦管打楽器専修打楽器専攻卒業。これまでに打楽器全般を上野信一、荻原松美、アンサンブルを植松透、福田隆の各師に師事。 2019年富士河口湖音楽祭に参加し、世界的打楽器奏者の池上英樹氏、マリンバ奏者の塚越慎子氏と共演、マスタークラスを受講。大学在学中よりオーケストラや吹奏楽団などを中心に演奏活動をする傍ら、打楽器やピアノ、リトミックの講師など、後進の指導にもあたっている。演奏活動はクラシックのみならずジャズやポップスなど幅広いジャンルで活動し定評を得る。また長野市芸術館のロビーコンサートやショッピングモール、小学校への訪問演奏など、地元長野県での演奏活動を精力的に行うほか、台風19号のチャリティコンサートを東京都で開催。集めた義援金を長野県へ寄付するなどの地域貢献活動も行っている。ensemble NOVA所属。パーカッションデュオGrouseメンバー。

対応楽器:マリンバ、シロフォン、ヴィブラフォン、グロッケン、ティンパニ、他クラシック打楽器、小物打楽器、カホン、ドラム、ピアノ

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

マリンバ教室

クラシックパーカッション教室

パーカッション教室

※出張レッスン対応地域:中央線(立川駅〜新宿駅)、武蔵野線(西国分寺駅〜武蔵浦和駅)

オンラインレッスン