福岡高次先生(プロフィール&レッスン内容)

福岡高次先生

♪痒いところに手の届くレッスンで打楽器の虜にさせちゃいます!♪

☆講師からのご挨拶


はじめまして、パーカッショニストの福岡高次です!
打楽器は誰でも叩けば音が出て、みんなで楽しくなれる楽器ですので他の楽器に比べてとっつきやすいと思います!
きっかけは些細な事で構いません!テレビで見た、路上ライブで見た、昔やってたけどずっと離れて、、、でもまたやりたい、リズム感良くしたい、ストレス発散に叩きたい、とかとかなんでもオッケーです!
はじめたきっかけはバラバラでも、皆さんを必ずや打楽器の虜にさせちゃいます!一緒にいい音出しましょう!

パーカッション講師 福岡高次

☆レッスンの進め方

皆さんのやりたい事、習いたい事を最優先して進めていきます。
疑問質問なんでも答えます、痒いところに手の届くレッスンを心がけてます!

☆初心者の方へ

まずは楽器の鳴らし方扱い方からやりましょう!
はじめは手が痛かったり上手く鳴らない事もあるかもしれません、、、自分もはじめは上手くいかない事ありした、、、!
でも打楽器って手を使って直接叩くわけですから、気持ちがダイレクトに伝わる楽器です!
熱意をもって楽しんで頂けたら楽器にも聞いてる人にも必ず伝わります!
はじめの一歩がうまくいくようなお手伝いができたらなと思います!

☆経験者の方へ

こういう曲にはどういうパターンがいいか、どんなリズムがあるのか、など楽曲へのアプローチ方法や、普段の基礎練習に加えてさらにステップアップした実践的な練習方法などより高度な内容でレッスンを進めていきます!

☆プロフィール

国立音楽大学・器楽専攻打楽器科に入学し、打楽器を上野信一氏に、打楽器アンサンブルを福田隆氏に師事。
その後国立音楽大学中退し、キューバにパーカッション全般を学びに単身渡航。adel gonzalez氏 に師事。

現在、世界的ジャズピアニストの山下洋輔氏とのデュオや、レコーディング、ミュージカル、ゲーム音楽コンサートや舞台、ジャズ、ラテン、ポップス等ジャンルを問わず幅広いフィールドで活動中。
また、現在アルゼンチン発祥のハンドサインを用いた指揮法を独自に発展させ、新たな音楽へのアプローチを開拓するプロジェクト「ラセーニャス」メンバーとして活動中。
日本各地で演奏活動の他、2018年、ヨーロッパ最大規模のフェスO.Z.O.R.Aに出演。人が入りきらず道に溢れるほどの大好評で現地新聞にも取り上げられた。
2019年には大阪城にて、関西電力とタッグを組み次世代型低速走行モビリティ「lino」に乗って演奏。大阪城を巻き込んでのパフォーマンスが大好評を博す。
現在も様々なコラボレーションやライブ活動など精力的に活動中。

☆主なレッスン場所

国分寺、立川、府中、東府中、調布、千歳烏山、明大前、吉祥寺、渋谷、下北沢、笹塚、幡ヶ谷、初台、新宿、錦糸町など