土本浩司

土本浩司

プロフィール


ブラックミュージックを最も得意とし、ぶっといビートとアンサンブルに命をかけるグルーヴ系ベーシスト。
影響を受けたミュージシャンはJames Jamerson,Chuck Rainey,Flea他多数いるが、中でも影響を受けた、
Larry Grahamとは後に日本講演にて飛び入り共演を果たす。
高校時代は吹奏楽部に所属し、ウッドベース、チューバを担当。同時期にエレキベースを弾き始める。
卒業後、大阪にて魚谷のぶまさ氏の付き人を2年半経験。
2011年夏、シカゴ、メンフィス、ニューオリンズを旅し各所でセッションに参加。
2016年より活動拠点を関西から関東に移す。
これまで自己のバンド活動の傍ら、様々なセッション、バンドサポート、レコーディング、フェスに参加。
近年ではCRAZY KEN BAND小野瀬雅生、長渕剛、小柳ゆきと共演する等、活動の幅を広げている。
またアレンジャー、プロデューサーもこなす他、専門学校の講師として後進の指導にもあたっている。

>>レッスン内容の詳細はこちら

担当教室

オンラインレッスン