新井悟(スカイプ作曲レッスン内容)

新井悟

プロフィール

(ARAI WORKS / 作編曲科・ピアニスト・ギタリスト)


幼少の頃からピアノ、10代前半でギターを始める。『冷静なPiano 情熱のGuitar 音を紡ぐ』と題し、30代後半にして作曲を中心に音楽活動を再開。その後1年以内で民放CMをはじめとした楽曲提供を行う。またセルフプロデュースと題し2枚のアルバムリリース、コンサートホールでのアーティスト活動も並行して行う。さらにDTMの使い手としては異例の、クラシック専門である及川音楽事務所のオーディション特別賞を受賞。

レッスンの進め方

初級者から上級者まで幅広く対応させていただきます。
生徒様一人一人の課題を詳細にお聞きし、さまざまな方向からの解決策をご提案します。
基本的にはご自身の内面から滲み出た旋律やハーモニーを大切にし、その特徴を最大限活かすためのコード進行やアレンジにフォーカスしていきます。
またアーティスト(作曲を含めた)として活動を拡げていくなら、本来お持ちの様々な能力や経験を活かしていくことも重要です。
そのこともいっしょに考えていきましょう。

初心者の方へ

第一に生徒様の目標を聞いていきます。この段階だとあまり高い目標がイメージできないと思いますが、「こうなりたい」という自分を制限なしにイメージしてもらいます。その到達地点を日々、心地よくイメージできるか確認していきましょう。心地よければ音楽との接し方は良好であり、私が提供する方法も適っているといえます。

経験者の方へ

旋律を生み出す方法はたくさんあります。アレンジについても保有する音源、それを担うパートの種類、楽章の構成、これらの組み合わせによって様々なバリエーションが可能です。しかしある程度の型がありますのでそれらを確認し、そしていつでも再現できるよう管理手法についてもお伝えしていきます。

上級者の方へ

ここにいる方は、時間の投入量がある一定の水準を超えた結果です。しかしこの先を考えたとき、同じようなことに時間を割いていくのか悩むところです。
ここからの伸びをあまり実感できないことがその理由です。そのため様々な可能性や方向性を示唆し、楽曲や音楽活動も含めた全体の監修をさせていただきます。

主なレッスン内容

・コードの覚え方、リハーモナイズ
・ソフトシンセの音作り
・ストリングスアレンジ 
・目標達成の方法
・楽曲のスケール感を生み出すアレンジ構築
・ジャンル別アレンジ構築
・コンサートやライブでのDTM使用方法
・自主レーベルからのCD制作や集客方法