オンラインレッスン

ギター・ウクレレ・DTM講師の堀江友人先生に今のオンラインレッスンについてインタビュー!

楽器のオンラインレッスンはまだまだ一般的に浸透しておらず、まだまだ心配な点もあると思います。

そこで今回はオンラインレッスンを長くやっておられ、通常のレッスンだけでなく、オンラインレッスンのノウハウに長けた堀江友人先生にインタビューしてみました。

【講師プロフィール】

【演奏動画】

【対面レッスン、主なレッスン場所】
江古田ギター教室
練馬ギター教室
小竹向原ギター教室
石神井公園ギター教室
新桜台ギター教室
ひばりヶ丘ギター教室
東久留米ギター教室
富士見台ギター教室
中村橋ギター教室
新宿ギター教室
池袋ギター教室

【オンラインレッスンか対面式かでは進歩に偏りが出るか?】

-オンラインレッスンと対面式では、出来ることと出来ないことに差があると思うのですが、オンラインと対面式で生徒様の進捗に偏りがあったりしますか?

対面式でもオンラインでもちゃんと個人で練習をやられている方はどんどん伸びますし、練習出来ていない人はなかなか伸びにくいです。

これはあくまで自分の考え方なんですけども、生徒様の中でも「レッスン時間で練習をやってしまおう」って方も結構多いんです、でもそうじゃなくてレッスン終わった後にどれだけ練習するかが重要で、僕の中では練習をするための補助やアドバイスという立ち位置だと思っていて、もちろん癖とか直しながらやっていくのですが、ここはオンラインだろうと対面式だろうとあまり変わらないのかなと思います。

 

【オンラインレッスンのメリットや特徴】

-オンラインレッスンはネット環境があれば場所が関係なかったり、天候に左右されないなどのメリットがありますが、実際にオンラインレッスンをされると改めて実感されますか?

場所が離れていてもレッスンが出来たり、天候に左右されないであったり、確かにそういった部分はすごく特化してるというのはありますよね、僕なんかはレッスン終わった後に普通に15〜20分ぐらい結構長話をしちゃったりとかするんですけど(笑)

もちろんレッスン時間はしっかりレッスンをした上でですけどね。

あと、例えば広島にお住いの生徒様でレッスンをさせていただいていた方がいるのですけども、オンラインレッスンを結構長くやっていて、その方が東京に遊びに来たので「先生にちょっと会いたいです」みたいな感じで対面でレッスンを行ったりとか、それまでオンラインレッスンなので実際に対面はしていなかったのですけど、ちゃんと人間関係もできるという事がわかりました。

-オンラインのツールは昔はSkypeが主流だったと思いますが、今はZOOMが主流ですか?

そうですね、以前はSkypeも使っていましたが、ここ2年ぐらいはZOOMを使っていて、ZOOMは画面共有や画面録画が簡単にできたり

あとは画面共有で相手の画面を操作することができたりもするので、DTMとか、アンプシミュレーターを開いていただいて、アンプの音作りとかもできるので、音作りに困っている時とか生徒さんの画面上で操作して調整したりとか、そういったこともできるので今はZOOMをオススメしています。

-オンラインレッスンで準備する必要があるものは、楽器とパソコンもしくはスマホかタブレット、あとはネット環境ぐらいですか?

そうですね、生徒様は、ウクレレとかアコースティックギターとかエレキギターなど楽器本体と、基本的にはカメラとマイクが付いていればパソコンもしくはスマホかタブレットがあれば大丈夫です、そういったものとネット環境があれば問題なくレッスンできるかなと思います。

僕の場合はインターフェイスや専用のマイクやカメラとかも使用しています、そういったものを使用していると、クオリティーが上がるので生徒様に聞こえる音や映像を良くする為に使用しています。

ネット環境も僕は有線で接続するようにしてますね、Wi-Fi環境だとどうしても劣化してしまうので、通信環境をしっかり整えるようにしております。

【堀江先生のレッスンはどんなもの?】

-まず、堀江先生のレッスンについてお聞きしたいのですが、堀江先生のレッスンはカリキュラムなどはあるのでしょうか?

基本的に生徒様が習いたい項目によって、レッスン内容を全部変えてまして

最初にヒアリングしているのが、レッスンを通して何を学びたいか、どこまで行きたいか、最終地点を聞いてそこから逆算してどういう風にやっていったら良いのか、ということを考えてカリキュラムを組んでレッスンをしているような感じですね。

例えば基礎から学びたいとか、譜面の見方とか、そこから習いたいっていう方はインターネットやレッスン教材もあるのですけども「こういったサイトも役に立ちますよ」であったり、そういったことをご案内しながらレッスンをしています。

-堀江先生の生徒様はどういったことを希望される方が多いですか?

生徒様によってバラバラなんですけど、ライブをやりたいって方ももちろんいらっしゃいますし、やっぱり基礎から習ってから曲をやりたい、でも楽曲は設定される方が多いです。

楽曲の難易度によって、その楽曲を演奏するためにはどういった練習が必要か、ということをお伝えして、そこで徹底してやっていくような感じですね。

あとはアドリブを弾きたいっていう方はけっこういらっしゃいますね。

オンラインレッスンはアドリブの練習に特化している点があって、YouTubeとかで例えばAマイナーバッキングトラックとか、ブルーストラックとか、伴奏のトラックをすぐに用意できたりで、16小節弾いてもらってアドリブの中でも起承転結が必要になったりするので、そういったところができているかなど、一つ一つクリアしていただく感じですね。

まとめ

・オンラインレッスンと対面式でレッスンの捗りは関係ない!
・楽器、パソコン(スマホ)、パソコンがあればOK
・堀江先生は生徒様にレッスンが受けやすいように、環境を整えている。
・操作に迷った時や困った時は遠隔操作でサポート!

オンラインレッスンは慣れてない人が扱うとどうしても、音が出ない時間や、接続に手間取ったりと、グダグダな時間はつきものです。

しかし、堀江先生はオンラインレッスン歴が長く、そのノウハウを熟知しておられます、レッスン内容も基礎や楽曲やアドリブ、様々なこちらの希望の内容に沿ったレッスンを設計していただけるレッスン内容ですので、今オンラインレッスンに興味がある方は是非受けてみてはいかがでしょうか?