オンラインレッスン

サックス・クラリネットの経験豊富なベテラン講師の宮田よし先生にインタビュー

サックス・クラリネット講師でありジャズはもちろん、ポップス系からクラシック系まで様々な奏法を培ってきた百戦錬磨のベテラン講師である、宮田よし先生に初心者向けサックスのインタビューをしました!

・オンラインレッスン可

・対面レッスン主なエリア
練馬、野方、高田馬場、高円寺、赤羽、王子など

講師プロフィール&レッスン内容についてはこちら

演奏動画

目次
・完全な初心者でも大丈夫ですか?
・サックスを購入するには、予算はいくら必要?
・サックスの種類について
・サックスの音色は、クラシックとポピュラーミュージックで違う!
・宮田先生のサックスのレッスンのモットーは何ですか?

【完全な初心者でも大丈夫ですか?】

-サックスはものすごく格好いいと思うのですが、少し敷居が高いイメージがあります、やはり習う方は多少経験がある人がほとんどなのでしょうか?

僕も最初そう思ってたんですけど、じつは逆で初心者の方のほうが多く、具体的には6:4の割合で初心者の方が6割ぐらいです。

それはスクールにもよるのかもしれないですが、例えば専門的な学校とかはバリバリやってた人などが更に磨きをかけるために入学するのでしょうけど、カサメミュージックのように初心者の方もwelcomeのミュージックスクールとかは、初心者の方も来やすいと思います。

生徒様のニーズはものすごく多岐に渡っていて
「基礎から徹底的にやってアドリブも吹きたい」って方もいれば
「年末の忘年会で1曲だけ吹きたい」って方もいます、そのそれぞれの人の目標をうまく設定してあげます。

ただ後者の方には、それで終わりにせずに音楽は“もっと奥深くてやり続けたら楽しい”

ということを伝えるのも講師の仕事と思います。

-ということは完全な初心者の方でも練習すれば吹けるようになるということですね!

もちろんです!サックスって音を出すだけなら管楽器で1番簡単な楽器なんです。ただ逆に言うと、それをコントロールするのがものすごく難しいっていうところもありますが、音は簡単に出ますので、取っ掛かりとしては比較的楽に出来るという事は伝えてます。

ただ、家で小さな音で練習するのは難しい楽器なので、週2回とかでカラオケやスタジオ行って吹かないといけないというハードルはあります。

なので「どこで練習すればいいですか?」て言う質問が1番多いですね。

家で練習できない人がほとんどだと思うので、河原とか公園での練習でも良いのですが、やはりカラオケかスタジオでの練習を勧めてます。

【サックスを購入するには、予算はいくら必要か】

-サックスって高そうなイメージがあるのですが、初心者が始めたい場合どれぐらいのコストがかかりますか?

初心者の生徒様がよくおっしゃるのが
「どこまで続けられるか分からないから、とりあえず1円でも安いの買いたい」

そうすると海外製のもので5〜6万からアルトサックスがあるのです、ただそれは “タンポ” (穴を塞ぐ茶色い蓋みたいな部分)の付け方がものすごく悪くて、結局それを買ってもすぐにダメになることが多いのですね。

なので僕は生徒様には、YAMAHAのアルトサックスは国産で1番安いものだったら15万円ぐらいですね。

それでも、もっと安いものをご希望される方には、下倉楽器とかいろんな楽器屋さんが台湾製とか中国製の楽器を買い、それを良くしてオリジナルブランドとして売ってるのがありまして、具体的にはマルカートとか、それが10万ぐらいですね。

やはりYAMAHAは安定しているので、基本は安いものは15万ぐらいのYAMAHAの安いやつなど買えたらという話からスタートします。

【サックスの種類について】

-サックスはアルトやテナーなど種類がありますが、始める段階で決める方が良いですか?

そうですね、サックスは「アルト」「テナー」「ソプラノ」「バリトン」の代表的な4種類がありまして、それぞれ音色が違って、それによって高い音が好きな人もいれば、低音の渋い音が好きな人もいます。

最初は「見た目が可愛い」とかそういった理由なので、もちろん取っ掛かりとしてはそれでも良いのですが、やり始めてから、じつは低音の方が好きだったとか人によってあります。

実際にアルトでスタートして「やっぱりテナーのほうが格好良かったかも」って言ってテナーに買い換える人も何人もいました、もちろん両方持ってても良いですけどね。

なので持ちやすいとか、見栄えがかっこいい、とかじゃなくて
好きな音を見つけてからやるのも良い、という言う話はよくしています。

僕はバリトンは持ってませんが、他の「テナー」「ソプラノ」「アルト」は持っているので、順番に持ってきてあげて実際に音を聞いていただいたりしていますが、YouTubeとかでいろいろ聞いてもらって好きな音色を見つけてという方法もあります、何れにせよ好きなそれぞれの音色を聞いて自分の好みと照らし合わせてから、買っていただくようにはしています。

あとは、そもそも最初からサックスの種類と音色を知っている人もいれば、全く知らないまま来る方もいらっしゃいますので、そのかたの好みや音楽をヒアリングして「こういう音があなたに合ってるかも」って提案するのも良いかもしれないですね。

【サックスの音色は、クラシックとポピュラーミュージックで違う!】

-サックスの音色は、ジャズやフュージョンやファンクなどのポピュラーミュージックのサックスと、吹奏楽のサックスとは音色が違いますよね?

吹奏楽の経験した方が、これからポピュラーミュージックをやりたい場合、一度習得してしまった吹奏楽の音色を、ポピュラーミュージックの音色に切り変えるのは難しいことなのでしょうか?

その辺もポイントになっていて
吹奏楽はざっくりいうと、基本クラシック奏法です。

具体的には、吹き方もマウスピースもリードも違いますので、クラシックの良い音と、ジャズ・ロック・ポップス・フュージョン・スカなどの格好良い音って違ったりします。

その辺の悩みがある方もおられ、
例えば「ブラスバンド部で中高6年間吹いてきたけど、スカパラのサックスの音とは似ても似つかないですけど、どうしたらいいですか?」とか

そういう悩みはあるみたいです、なので自分のやりたい音楽とか、音色とかを見つけてあげたい、それによってマウスピースやリードを選んであげたり、そういうアドバイスもレッスンの仕事のひとつなのかなと思います。

-習いに来る方は、クラシック奏法よりジャズやポップスなどのポピュラーミュージックを希望される方のほうが多いですか?

圧倒的に多いですね、ジャズも多いですが、最近ではYouTubeを見てやりたくなったって方も多いです。

例えば有名なアニメの曲、例えば鬼滅の刃とか、そういう有名なアニメの曲とかを
“サックスで吹いてみた” みたいな動画に影響を受けて、レッスンに来られる方もおられます。

その逆で何もわからないけど「この真似だけしたい」みたいな方もおられますので、そういう人も今後音楽を長く続けられるように繋げられると良いかなと思いますね。

宮田先生のサックスのレッスンのモットーは何ですか?

生徒の皆様には、最短コースでピンポイントで教えられるようにいつも心がけています。

皆さんによく言うのは、僕らの年代は今みたいにYouTubeもありませんし、良い教材もほとんどなかったので、その時はいろんな人に聞いたり、嘘か本当かもわからない練習方法を聞いて迷ったりとか、そういう試行錯誤してきたのでアドリブを1つ吹くにもすごく苦労しました。

なので僕の生徒様で、忙しい仕事の合間を縫って来て下さったり、定年後の趣味で来てくださったり、ジャズやアドリブを習いたい方には特に僕がやってきたような回り道をしないように最短コースを心がけています。

まとめ

・宮田先生のサックスレッスンは初心者でも安心!
・サックスを購入したい場合、種類や価格帯、そこからの相談もできる
・宮田先生のサックスのレッスンは、やりたいことに最短ルートを導き楽しく飽きずレッスンできます。

宮田先生は様々な音楽経験をされていますが、非常に優しく丁寧にレッスンをしていただけます。これから始めたい方、我流で練習されてた方も是非一度体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

【宮田先生のプロフィール&レッスン内容はこちら】
無料体験レッスン