ギターヴォーカルベースドラムバンドアンサンブル作曲・DTMキーボード・シンセサイザーピアノウクレレフルートクラリネットサックストランペットトロンボーンヴァイオリンヴィオラコントラバス・ウッドベースパーカッションカホン声楽弾き語り指導
スカイプギタースカイプボーカルスカイプベーススカイプ作曲スカイプウクレレスカイプフルートスカイプトランペットスカイプサックススカイプクラリネットスカイプトロンボーンスカイプヴァイオリン

サックス講師一覧

野原朝宇

プロフィール

野原先生 写真
沖縄県出身。沖縄県立コザ高等学校卒業。
2011年昭和音楽大学弦管打楽器演奏家コース卒業。2012年同大学研究科修了。
在学中、学内演奏会やサマーフェスタミューザ川崎ロビーコンサート、NHKロビーコンサート、インターネットラジオOTTAVA等に参加。
2012年渡仏。セルジーポントワーズ地方音楽院を満場一致の1等賞、室内楽を満場一致の金賞を経て卒業。
留学中、SAX VOCEとして地方公演や様々な講習会等の演奏に参加。また師匠であるジャン-イブ フルモーをはじめ、クロード ドゥラングル、ティモシー マカリスターと共演。
2014年帰国。

2012年 地元沖縄にて演奏会を開催。
2013年 Concours International de Musique et D`Art Dramatique LEOPOLDO BELLAN にて第1位(フランス)。
2014年 1st International Saxophone Competition JOSIP NOCHTA にてセミファイナリスト(クロアチア)。
2015年 ザルツブルク=モーツァルト国際コンクール 室内楽部門第1位。
同年 ドルチェ楽器東京店 アーティストサロンにてリサイタルを開催。
同年 地元沖縄にて師匠である屋良久美子氏とのデュオ コンサートを開催に好評を博す。

これまでにサクソフォンを屋良久美子、彦坂眞一郎、新井靖志、大森義基、榮村正吾、ジャン-イヴ フルモーの各氏に、室内楽を福本信太郎、松原孝政、マリリーズ フルモー、アレクサンドル スーヤの各氏に師事。
現在、ソロ、アンサンブル、在京オーケストラのエキストラとして活動の他、後進の指導にも力を入れている。

講師演奏動画

担当教室

宮田よし

プロフィール

宮田よし プロフィール写真
武蔵野音楽大学を卒業後、室内楽やミュージカルなどの活動を経てジャズプレーヤーとしての活動を始める。現在は首都圏でジャズライブ、セッションリーダー、ワークションプなど幅広く活動中。
自己のオリジナル作品も多数あり、2013年にリーダーアルバムを発表する。近年は絵画とのコラボレーションなどジャンルの枠を超えた新しい試みにも挑戦している。

講師演奏動画

担当教室

関根有希

プロフィール

サックス
神奈川県出身。12歳よりサクソフォーンを始める。昭和音楽大学器楽学科弦管打楽器指導者コースを卒業。指導者コースにて指揮や指導法も学ぶ。第57回TIAA全日本クラシックコンサートにて優秀賞を受賞。フェスタサマーミューザ川崎2016の若手演奏者ミニコンサートに出演。現在は首都圏を中心に、サクソフォーン奏者としてソロ、室内楽、吹奏楽などで幅広く活動する他、後進の指導にも力を注いでいる。これまでにサクソフォーンを武藤賢一郎、新谷つかさ、室内楽を有村純親、榮村正吾、松原孝政、指揮を田中一嘉の各氏に師事。

担当教室

百瀬きの

プロフィール

purofu
大学から吹奏楽でサックスをはじめて手にする。
在学中にジョン・コルトレーン、コールマンホーキンス等に影響を受けジャズに興味を持ち、卒業後より演奏を始める。
寺井雄一氏に師事。
現在は首都圏でジャズライブやクラブイベント、同人CDのレコーディングなどに参加している。

講師演奏動画

担当教室

江川竜平

プロフィール

img_0391
武蔵野音楽大学、同大学院卒業。
大学院在籍中、音楽学校メーザーハウスに在籍。
在学中に学内選抜演奏会等に多数出演し、武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルにおいて首席を務め、
学外での演奏活動も始める。
クラシックサックスを栃尾克樹氏、ジャズサックスを沢井原兒氏に師事。
ジャズアンサンブルを矢堀孝一氏、音楽理論及び作曲法を井上博氏に師事。
現在、男女ツインボーカルバンドnicaのメンバーとして都内ライブハウスを中心に活動する他、
実力派若手ジャズプレイヤー達によるPat Metheny Tribute Bandにも所属し、
自身の嗜好するコンテンポラリーな音楽への造詣をさらに深めるべく活動中。
その他ソロのプレイヤーとして、多くのアーティストやバンドのライブサポート、
レコーディング、ジャズライブ、イベント等に多く出演。

講師演奏動画

担当教室

岩橋祐佳

プロフィール


大阪音楽大学音楽部器楽科管楽器専攻卒業、同大学卒業演奏会出演。卒業一年間で第1回大阪音楽コンクール第2位、第16回長江杯国際音楽コンクール第2位、第18回KOBE国際音楽コンクール最優秀賞、神戸市長賞受賞。浜松国際管楽器アカデミーにてジャン=イヴ・フルモークラスを受講。
翌年渡仏しブールラレンヌ音楽院、クラマール音楽院経験を積み2017年8月帰国。
サキソフォンを井上麻子、平野公崇、エルワンファガン、アレクサンドルスーヤ各氏に師事。室内楽を西本淳氏に師事。

担当教室

河上佑一

プロフィール


千葉県出身。東京大学文学部中退、専攻は英文学(詩)。
大学入学と同時にテナーサックスを始める。在学中ビッグバンド、ジャズ研究会を渡り歩く傍ら、ジャズサックスを佐藤達哉及び竹内直両氏に師事。
ジャズ・インプロビゼーションをいかに人間の言語に近付けるかを探究する中でスタン・ゲッツやデクスター・ゴードンから強い影響を受け、ビバップをベースにした奏法を確立する。現在、ビッグバンドやポップスバンドのサポートで活動する傍ら、ファンクバンド“Do The Right Thing” のフロントも務める。

講師演奏動画

担当教室

高知尾和規

プロフィール


千葉県東金市出身。千葉県立幕張総合高等学校卒業。現在武蔵野音楽大学4年次在学中。
第25回千葉県吹奏楽個人コンクール金賞、ヤマハ賞受賞。平成27、28年度武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生。平成28年度同大学選抜学生によるコンサートに出演。
これまでにサクソフォーンを岩柳好美、大和田雅洋、原博巳、林田祐和の各氏に師事。室内楽を林田祐和氏に師事。

担当教室

黒河博文

プロフィール


サックス奏者としては大学在学中よりライブ・レコーディング・ブライダル等での演奏活動を開始。演奏ジャンルはこれまでにジャズを中心に、ファンクやフュージョンのバンドの他、ロックやブルースのレコーディングに参加。
また作曲において、アメリカで開催されている世界最大規模のインターナショナルソングライティングコンペティションにおいてインストゥルメンタル部門でファイナリストに選ばれ、HONORABLE MENTIONを受賞。同年のジャズ部門でもセミファイナリストに選ばれる。
その後渡米し、半年ほどニューヨークで活動し数多くのミュージシャンとセッションを重ね、全曲自身のオリジナル曲でレコーディングを行い帰国。

講師演奏動画

担当教室

尾形一樹

プロフィール


神奈川県横浜市出身。東京音楽大学を管打楽器主席で卒業、
現在同大学院2年次在学中。
学部2年次以降は給費奨学生に選ばれる。
大学院2年次ではティーチング・アシスタントとして大学での指導実習も担当する。
大学卒業時の推薦により、第87回読売新人演奏会、第14回サクソフォーン協会新人演奏会に出演。第34回管打楽器コンクールサクソフォーン部門セミファイナリスト。第14回東京音楽大学コンクール入選。第25回日本クラシック音楽コンクール第1位。第9回横浜国際音楽コンクール第1位。第3回Kサクソフォーンコンクールグランプリ第1位。他、数々の入賞歴を持つ。学内オーディションに合格し平成26年度~28年度ソロ・室内楽定期演奏会に3年連続出演。東京音楽大学シンフォニーオーケストラ定期演奏会に「展覧会の絵」で出演。
ミュージックエイト「とっておきのソロ(アルトサックス)」シリーズ全曲の参考演奏を担当。さらに吹奏楽等の録音も担当。ソロ・アンサンブルなど幅広い演奏活動の他、作編曲や中学高校の指導、指揮も行う。
サクソフォーンを小串俊寿、原博巳、大城正司、鈴木美裕の各氏に師事。室内楽を小串俊寿、波多江史朗の各氏に師事。ピアノを鈴木弘尚氏に、ジャズ・アドリブ奏法をリック・オヴァトン氏に師事。指揮法を野口芳久氏に、作編曲を藤原豊氏に師事。横浜市民広間演奏会会員。M8ウインドオーケストラアルトサクソフォーン奏者。保土ヶ谷ファミリーブラスかるがも隊常任指揮者。

講師演奏動画

尾形 一樹 / Ikki Ogata – Youtubeチャンネル

担当教室