ギターヴォーカルベースドラムバンドアンサンブル作曲・DTMキーボード・シンセサイザーピアノウクレレフルートクラリネットサックストランペットトロンボーンカホン声楽
スカイプギターレッスンスカイプベースレッスンスカイプ作曲レッスンスカイプウクレレレッスン弾き語りコントラバス指導

バンドアンサンブル講師一覧

Trinity

プロフィール


東京都生まれ、東京都育ち。
YMOで演奏する坂本龍一を見て、独学で鍵盤楽器と作編曲を学ぶ。
卓越した演奏技術と、日本人離れしたリズム感で、観客を魅了する。
その演奏は国内をはじめ、海外からの評価も高い。

作編曲家として、企業CMや各種メディアへの作品提供をはじめ、婚礼やイベントでの選曲、音楽編集も、数多くの仕事を手かげている。
あらゆる音楽に精通しており、生まれ持った柔軟性を生かして作り出されるそのサウンドには定評がある。

2005年にVocalのBettyと、スムースジャズユニット「AirBlue」を立ち上げ、現在も音楽制作を中心に活動中。
AirBlueの作品は、全世界の「i-tunes store」、「Amazon」にて配信しており、海外での活動も活発に行っている。

講師演奏動画

担当教室

GO先生

☆講師からのご挨拶

過去に様々なアーティストのプロデュースや
全国ツアー等の経験を生かして、皆さんの
バンドをワンランク上のレベルに押し上げます!

GO先生
教室にて

☆レッスンの進め方

各々バンドのジャンルやレベルに合わせた内容で進めて行きます。
まず最初は基本的な事になりますが、それをマスター出来ると格段にレベルアップ出来るので頑張りましょう!

☆バンドアンサンブルに大切な事

自分の事よりも他のメンバーの演奏をよく聴く事と、ベーシックテクニックをしっかりした次元で演奏出来る事が大切です!

☆プロフィール

幼少期よりピアノを弾き始め、13才でギターを手にする!
19才で単身渡米し、LAのMusicians Institute G.I.Tにてギターを学ぶ。
帰国後はライブ(サポート含む)とセッション活躍をメインにレコーディングや講師としても活躍中!

☆過去に在籍していたバンド
ALHAMBRA
MADAM REY
First Crime
etc…

☆参加CD…
ALHAMBRA「A Far Cry To You」
MADAM REY「Plexi」「風林火山」
Solo「Pray of the past」
平井善美「PRIDE」
SHIKI「SHIKI」
First Crime「Red Hot Burning Hell」

☆セッション経歴
Billy Sheehan (Mr Big. B’z. etc)
Paul Guilbert (Mr Big)
高崎晃 (LOUDNESS)
山下昌良 (LOUDNESS)
樋口宗孝 (LOUDNESS)
Kelly Simonz (K.S.B.F)
沢田泰二 (X JAPAN. LOUDNESS. etc

☆主なレッスン場所

新宿、渋谷、池袋、恵比寿、五反田、目黒、高円寺、中野、吉祥寺、荻窪、西荻窪、武蔵小金井、国分寺、国立、立川など

若月先生

☆講師からのご挨拶

スクリーンショット 2015-06-16 14.16.12
音楽は一人でも十分楽しめます、が、やはり人とのアンサンブルは経験した事のある人しか味わえない高揚感があります。
競演する人が違えば同じ曲も様変わりします、一緒にアンサンブルをする楽しみを追求していきましょう。

☆レッスンの進め方

まずはバンドでの課題曲、やりたい曲を選び、既にある場合はより上質なアンサンブルに組み立てるにはどこを改善すれば良いかをサポートしていきます。

☆バンドアンサンブルに大切な事

今の時代はコンピューターとでもある程度の事は出来ます
その時代に人とやる事の意味、楽しさなどを感じて欲しいです。

☆プロフィール

15歳でギターを始める、20歳でピアノに転向。
音楽専門学校メザーハウスに入学。
理論、DTM、弦楽などを学びながらピアノを板橋文夫に師事。
卒業後はヒルトンや富士屋ホテル、横浜インターコンチネンタル
他のホテルなどのラウンジ、ブライダルイベントで演奏。
その他ジャズバーやライブハウスでもライブやセッションホストとして演奏活動。
年間約300本の演奏で精力的活動中。
アーティストのサポートでツアーやレコーディング、などの経験。
アーティストのアルバム楽曲のアレンジ、トラック製作、韓国人アーティストへの楽曲提供などもこなす。

☆主なレッスン場所

新宿、渋谷、池袋、四谷、御茶ノ水、水道橋、飯田橋、秋葉原、神楽坂

村山先生

☆プロフィール

1359729372_2013_02010001_6401980年生まれ、京都出身・
14歳よりドラムを始める
ドラムを三橋 司などに師事。わずか19歳より音樂教育機関で後進の指導を開始するなど早くからそのドラミングは評価される。時には複雑に又繊細に、強力な存在をアピールしている。現在ロック、ポップスのCDにサポートメンバーとして多数参加している。

開始当時、多くのポップスアーティストのライブ、レコーディングに参加
(タワーレコードコンピレーションアルバムで楽曲にドラムで参加)

2004年現代音楽グループstruck ensembleにて1st mini album発表

2009年カウルトウキョウセンチメンタルロックス1st Album「219」tower record,HMV,新星堂など主要CDショップにて発売

またジャズドラマーとしても自身のジャズグループなどで赤坂のジャズクラブのハウスバンドを中心として
都内外のジャズライブハウスでも精力的に活動中
年間120本以上のライブ、セッションをこなしている

2010年7月リーダートリオミニアルバム「murayama mineyuki trio」発売

2013年2月ジャズの名門クラブ「小岩cochi」にて自身のリーダーバンドで出演
満員の中、スタンダートを中心に演奏、好評価を受ける
以降も定期的に出演、毎回満員の中評価も上がっている。

2015年 fausto Ferraiuolo氏の来日のピアノトリオのドラムを担当
その繊細なサウンドが高評価を受け、大成功を収める。

☆主なレッスン場所

渋谷、新宿、立川、調布

堀江先生

☆講師からのご挨拶

IMG_1269はじめまして、バンドアンサンブル科講師の堀江と申します。ギターリスト、作詞作曲編曲家としても活動しております。
現在23歳という若さが強みで、若年世代の音楽に近い観点からレッスンします。
10代からバンドを組み多数のバンドを経験しました、ジャンルは(ポップス、ロック、メタル、ハードコア、オルタナティヴロック、ポストロック、パンク、ブルース、ヴィジュアル、メロコア、ファンク、歌もの、アニソン、エレクトロロック※同期機材を使用したバンド等)
過去にラジオ出演、PV、取材、渋谷duoやO-west、Zepp Diver City TOKYOでキャパ1,500人を前に演奏した経験があります。
バンドで重要なのはまず一番は仲良く楽しんでやる事だと思っています。そして更に演奏力や周りとの呼吸を大切にする事だと思います。客観的な立場でみて曲やリズム、コード、マイクの位置やパートごとの音作りを聞かせていただきブラッシュアップします!
またそれ以外にもライブハウスとの関わりかた、レコーディングや演奏以外の事に関してもお話できたらと思います。

☆レッスンの進め方

まずはどのような方向で今後活動をしていきたいのかをお聞きします。
その上で予定を立て、目標に向け課題をクリアして改善していくという流れです。
バンドごとに抱えてる問題が違うため同じようなレッスンは行いません。そのバンドに適した改善策を考慮します。

☆バンドアンサンブルに大切な事

一番は楽しく仲良くやる事だと思っています!
そして演奏力や曲のクオリティーを上げる事も
とても重要です。演奏力に関して、まずは呼吸
を合わせる事が大事です、演奏している時に他のパートの音を良く聞く、そしてアイコンタクトをとる。
例えば演奏中にドラムやギターが走ってしまうよう
事がおきても他楽器が自然とリズム修正をする
という事ができるようになります。
ボーカルが居るバンドではボーカルが歌いやすいように
ブレスの位置などもしっかりと考える必要があります。
そして更に楽曲のクオリティーをあげる事、カバーでもオリジナルでも常に良くする事を共に考えて演奏する事で上達します。言ってしまえば大事な事だらけですが、目標をたててそれに向けて一緒にパワーアップしていきましょう。

☆プロフィール

14歳で父親がきっかけでギターをはじめる、その後10代のうちバンドを沢山経験する。過去にラジオ出演、PV、取材、渋谷duoやO-west、Zepp Diver City TOKYOでキャパ1,500人を前に演奏した経験など。その後、音楽専門学校を卒業し現在はギターリスト、作詞作曲編曲家として活動している。

☆主なレッスン場所

東京都内全域

東出先生

☆講師からのご挨拶

バンドでとりあえず集まってなんとなくやってるスタジオ練習、何が良いのか良くないのかもわからない、、、
メンバーに「このままで良いのか?」と伝えにくい方もいると思います。
そういう時に「指導してくれる人がいたら良いのにな」と思いませんか?
解決する方法は「アンサンブル指導経験のある人に聞いてみる」です。
一度挑戦してみませんか?

☆レッスンの進め方

・基本のチューニング
・「アンサンブルって何?」に答えるコーナー
・音量を合わせようのコーナー
・イコライザーの重要性を考える
・秘密のリズム練習(某有名バンドのリズム練習をやってみよう)
・演奏を聞かせて頂いてやんわりと時にはハッキリと改善点を指導します
・時にはギター、時にはベース、時にはドラムを代わって頂いて各パート指導いたします

☆バンドアンサンブルに大切な事

「バランスとタイミングと思いやり」

☆プロフィール

1982年生まれ
LUNASEA見て衝撃を受ける
高校入学を機にベースを始めるも夏にはギターを手にする
学生時代は軽音サークル長として複数のバンドでギターを弾く
2012年より複数のスクールで講師として活躍中
専門学校でアンサンブルレッスンの経験あり

☆主なレッスン場所

京成線沿線、山手線沿線、東京23区内など

宮本先生

☆講師からのご挨拶

宮本

初めまして、カサメミュージックスクール講師の宮本です。
音楽や楽器は家で一人で練習することも大切ですが、仲間と一緒に「音」出して「楽しむ」事で、
本当の音楽の楽しさを体感できると思います。
アンサンブルの中で皆で合わせたり、駆け引きをしたりと、4.5分の演奏時間の中で100バンド100通りのドラマがを作ることができます。

普段普通にバンド活動をしているだけではなかなか気づくことができない部分をお伝えして、皆で音を作っていくことが更に楽しくなるようなレッスンをしていきたいと思います。
もちろん「各楽器の技術的な部分」「楽曲に対してのアプローチ」「アレンジ」「理論」「リズム」「ダイナミクス」や、私自身がスタジオワークから学んだことなどの内容でステップアップしていただきたいと思います。

最終的には音楽は誰かに感情を伝えるため等、気持ちの動きが見えることが大事だと思っています。
技術を使った感情表現などもできますし、動き、コードなどでも伝えることが消えると思います。
自分たちのドラマをどのように作っていくか、一緒に考えていきましょう。

☆レッスンの進め方

コピーでもオリジナルでも構いません。

例:コピー曲やオリジナル曲が決まっている場合
まずは楽曲に対してビジョンを持ち、それを共有していくところから始めます。
次に楽曲のグルーヴを全員で作ります。
ここでは必要に応じてはセクションごとに練習をする可能性もあります。
続いてキメやコードなど楽曲のアレンジ要素を深く突き詰めていきます。

上記のように、全員で情報を共有して同じ方向を向いてから、とりあえず全員で音を出して楽しんでいくというところからスタートしたいと思っています。
その上でリズムの精度を上げ、最終的には楽曲を完成完成させるといった順番です。

もちろん「初めてバンドをやるメンバー」「こちらで課題曲を決めてアンサンブルを突き詰めていく」といった内容でもレッスンは可能です。
少しでもどうすればよいか迷いがある、興味がある方はお問い合わせください。

☆バンドアンサンブルに大切な事

バンドアンサンブルで重要なことをいくつかあげていきます。

1.イメージ
演奏している曲に対するイメージを少しでも持つこと。

2.演奏中の余裕
自分のプレイで精一杯になっていてはだめです。全員の音を聞いてそこに自分を溶け込ませる事が重要です。

3.押し引き
前に出て目立つ・後ろでバンドを支える・他のメンバーとぶつかり合う等の切り替えをきっちりとすること。

4.楽曲の理解度
自分のパートはもちろん、自分が弾いてるフレーズ・リズムに対して他のメンバーが何をしているのか把握すること。

出来なくても大丈夫。自分の中で意識をすることから始めましょう。

☆プロフィール

2009年MI Japan札幌校卒業と同時にフリーランスとして活動開始。
2009-2012年までMI Japan札幌校BIT科講師として後進の指導に当たる。
2009年9月パシフィコ横浜にて開催された楽器フェア2009 ESPブースにてデモンストレーションライブを行う。
2011年3月自身初となるBass Magazine4月号にて誌上セミナー掲載。
2011年4月IKUO(from BULL ZEICHEN88/T.M.Revolution/abingdon boys school)とのTwin
Bass Sessionをきっかけに上京を決意し、同年10月より活動の場を東京に移し活動開始。

上京直後よりGuitaristの菰口雄矢(from TRIX/TRI OFFENSIVE)やBassistの村田隆行(The
Choppers Revolution)のSessionに参加。
2013年9月奥土居美可氏のサポートベーシスト兼バンマスを担当。
2013年12月Zepp Diver City TokyoにてAKINO with Bless4と競演。
サポートベーシストとして赤坂BLITZ・川崎CLUB CITTAにてライブを行う。
2014年にはバンド「うさぎダッシュ」に加入。
2015年4月リリースのシンガー「福山沙織」の「逆境Revolution」のアレンジ・ベースRecording・プログラミングを担当。
2015年7月には第1.2回アニソンのど自慢Gグランプリ「小林友里香」「はせひらけいだい」のサポートベーシスト兼バンマスを担当。
2015年9月には「起動戦艦ナデシコ」の主題歌を担当する、松澤由美氏のサポートベーシスト兼バンマスを担当。
現在はライブサポート、アレンジ、Recording、Track制作、レッスン、Bass
Magazine執筆、リーダーライブ・セッション、「Project B.」のメンバーとしてニコニコ動画等、多岐にわたり活動中。

☆競演ミュージシャン(敬称略)☆
IKUO(BULL ZEICHEN88,abingdon boys school,T.M.Revolution)
Paul Jackson(Herbie Hancock)
Paul Gilbert(MR.BIG)
菰口雄矢(TRIX・TRI OFFENSIVE)
奥土居美可
熊丸久徳

☆主なレッスン場所

新宿、吉祥寺、荻窪、阿佐ヶ谷、中野、高円寺、笹塚、初台、原宿、代々木、高田馬場、新大久保など

中村先生

☆講師からのご挨拶

各パートみんな気持ちを一つにし、音楽を通じてコミュニケーションをとり
素晴らしいバンドサウンド、バンドアンサンブルを目指しましょう!!

☆レッスンの進め方

各パート、バンドの中でどのような役割をしているかを理解する。

バンドの土台となるドラムとベースのコンビネーションを確認

ギター、鍵盤などうわもの楽器をドラム、ベースにのせる

バンド全体の中での細かい動 きを確認

バンドアンサンブルを組み立てる

☆バンドアンサンブルに大切な事

バンドアンサンブルは人とのコミュニケーションと同じです。
自分の事だけではなく、それぞれのパートを理解する事が大事です。
どのような役割か、今何をしているのか。お互いがお互いを理解したうえで自分がプレイする事を心がけましょう。

☆プロフィール

幼少の頃、父におしえてもらったのをきっかけにギターを始める。
大阪芸術大学音楽学科に入学し大学入学後、本格的に音楽、ギターにつ いて学び、関西を中心に音楽活動を始め
ジャンル問わず幅広い音楽を演奏する。
現在は東京でメジャー、インディーズなど様々なアーティストのライブサポート、レコーディング、セッションライブ
等々、幅広く活動中。

☆主なレッスン場所

高田馬場、新大久保、新宿など

林先生

☆講師からのご挨拶

_MG_7433 - バージョン 2
初めまして。キーボーディスト&ピアニスト&アレンジャーの林良です。
2001年ビーイングより「organs cafe」という女性Voとのユニットでメジャーデビューいたしました。現在はサポートミュージシャンをメインにCasiopea 3rdのギタリスト野呂一生率いるソロプロジェクト「ISSEI NORO Inspirits」にも参加しております。
バンドアンサンブルの楽しさと難しさをメンバーで共有し経験することが、次へステップにつながります。目標に向かって一緒に頑張っていきましょう!

☆レッスンの進め方

まずはバンドの現時点での演奏レベルをチェック致します。
それぞれのバンドのレベルに合わせてレッスン内容を決めていきますので、初心者の方もご安心下さい。

☆主なレッスン内容

私が担当するのは、下記ジャンルがメインとなります。
・いわゆるポップス、ロックテイストの歌物。
・フュージョン等のインスト系。
コピー曲、カバー曲、オリジナル曲、どれでも構いません。

☆バンドアンサンブルに大切な事

バンドの場合、演奏技術はもちろんですが、実際の本番でのステージングも非常に重要なポイントとなってきます。自身のアーティスト経験を生かし、その辺りのアドバイスも的確におこないます。

☆プロフィール

鳥取県生まれ。
5歳よりオルガン、小学2年から高校2年までエレクトーンを習う。
昭和音楽大学音楽学部作曲学科電子音楽コース卒業後、和泉宏隆(元T-SQUARE)に師事する。氏のローディーをする傍らキーボーディストとしてプロ活動を開始。

2001年6月、加藤沙香菜(Vo)とのポップスユニット「organs café」でZAIN RECORDSよりメジャーデビュー。2011年結成10周年を迎え「おるがんずかふぇ」に改名。2014年3月の活動休止までシングル5枚、配信シングル2作品、アルバム7枚を発表。 
http://www.organs-cafe.com

2008年より野呂一生氏(CASIOPEA 3rd)のソロプロジェクト「ISSEI NORO INSPIRITS」に参加。現在までにアルバム6枚、DVD1枚を発表。
http://www.isseinoro.com

【ライブサポート、レコーディング、TV、PV】
Ryu、Zero、John-Hoon、Jisong、森山良子、新山詩織、B.B.クィーンズ、浅岡雄也(元FIELD OF VIEW)、愛内里菜、上木彩矢、池田聡、稲葉浩志(B’z)、近藤真彦、YUKIE(元VELVET PAW)、平田志穂子、コブラツイスターズ、THE SQUARE、火野正平、小林旭、千昌夫、山本リンダ、新沼謙治等。

【アレンジ】
倉木麻衣、VALSHE、Ryu、岩田さゆり、北原愛子、愛内里菜、大垣知哉、小泉ニロ、John-Hoon、Jisong、BON-BON BLANCO等。

【楽曲提供】
北原愛子、凛々、Kiyoshi。

【その他】
・いっこく堂主演ミュージカル「ダブル」バンドメンバーとして出演。
・映画「ウタヒメ」出演の女優木村多江にキーボード演奏指導。
・ピアニスト羽田裕美「ZARD Piano Classics」ピアノアレンジ。
・2013年より俳優の長谷川恵一郎プロデュース・主演の舞台「或る夜の出来事」の音楽を担当。

昭和音楽大学ポピュラー音楽コース非常勤講師。

☆主なレッスン場所

町田、相模原市、登戸など

田城 佑樹

プロフィール


1990年生まれ、東京都出身。18歳の時にバンドに誘われ、弦が4本で簡単そう!というありがちな理由でベースを始める。ベースだけど目立ちたい!という不純な理由で現在は6弦ベースを使う。バンド活動時はインディーズよりCDリリース、赤坂BLITZでのライブも経験。現在はフリーのベーシストとして活動中。

担当教室