ギターヴォーカルベースドラムバンドアンサンブル作曲・DTMキーボード・シンセサイザーピアノウクレレフルートクラリネットサックストランペットトロンボーンヴァイオリンヴィオラチェロコントラバス・ウッドベースパーカッションカホン声楽弾き語り指導

skypeギターskypeボーカルskypeベースskypeキーボード・シンセサイザーskype作曲skypeウクレレskypeフルートskypeトランペットskypeサックスskypeクラリネットskypeトロンボーンskypeヴァイオリンskypeチェロ

カホン講師一覧

川原徹也

プロフィール


S59 12/20生 福岡県出身 福岡スクールオブミュージック専門学校卒
自身のバンドQARENにて
島村楽器主催HOTLINE九州大会優勝。
EMI主催バリヤバオーディション優勝。
スカラーシップオーディション優勝。
三瀬ポップジャムコンテスト優勝。
2009年全国インディーズデビュー。
500人規模のワンマンライブを多数実施。
2013年上京。
都内を中心にアーティストのサポートドラマー、カホン、コーラスとして活動中。
詞とメロディを最大限に表現するドラマー。

講師演奏動画

担当教室

原治武

プロフィール


1978年9月7日生まれ
17歳からドラムを始め19歳頃からプロドラマーとして
様々なライブやレコーディング、TV収録などのサポートを務める。

【Live参加アーティスト】
家入レオ、佐香智久、槇原敬之、平野綾、トータス松本、石崎ひゅーい、平井大、私立恵比寿中学、赤井仁美、藤木直人、筋肉少女帯、中山加奈子、大槻ケンヂ、access、橘いづみ、高田梢枝、島谷ひとみ 他多数

【REC参加アーティスト】
いきものがかり、阿部真央、石崎ひゅーい、K、トータス松本、清木場俊介、藤木直人、高田梢枝 他多数

【TV収録】
2014年FNS歌謡祭出演
フジテレビMUSIC FAIRにて多数のアーティストと共演

担当教室

佐藤正規

※現在新規の生徒様の募集は停止させていただいております。

プロフィール


高校卒業後、音楽学校メーザーハウスに入学。
ドラムを始める。
在学中に自身のスリーピースバンド「メロマランディ」結成、今年2018年で10周年を迎える。
他様々なバンドで活動。
2017年12月に車を使い9日間で四国八十八ヶ所お遍路ドラム旅と題し、TwitterやInstagramでその道中を配信、全てを巡礼。
現在、メロマランディ、ジャズバンドfor-the-moment、などで活動中。
サポート経験
北川けんいち(ex.ロードオブメジャー)/河野マリナ/分島花音/イナガキゲンタ/ウォリ/奥田舞子/雅博(敬称略)

担当教室

福田拓人

プロフィール


幼少期にピアノに触れ、15歳よりギターをはじめ合唱団に入団。高校入学後吹奏楽部へ入部、ドラム、打楽器をはじめる。入部後はクラシックをはじめジャズ、ロック、ラテン、歌謡といったジャンルで様々なパーカッションやドラムを演奏。
その後はセッションのホストプレイヤーやバンドで全国盤をリリースするなどの活動を行い、現在では自身のバンドで海外のフェスや国内遠征での演奏活動の他、都内でのステージ演奏やドラマー、パーカッショニストとして様々なアーティストのライブ、レコーディングのサポートなど精力的に活動を行なっている。

担当教室

原口香英

プロフィール


学生時代を京都で過ごし、様々なミュージシャンから影響を受け、ドラム、ジェンベ、ボンゴ、タブラ、カホンといった打楽器を独学。
2005年から東京に拠点を移し、カホンの演奏を通じ、
ダンサーやアーティストとのコラボを広げていく。
2011年、音色のあるスリットドラムに出会う。
カホンとスリットドラムを組み合わせ、全身を駆使する独自のスタイルで演奏したり、音育ワークショップを企画するなど、幅広く音楽活動に取り組む。
2017年、長男が誕生し、一児の父として子育てにも奮闘中。

担当教室

伊東冴

プロフィール

img_1658
地元北海道の高校の文化祭でドラムを始め、
北海道から上京後、叔父である中野良一(外道)大澤公徳 各氏に師事。
後に多ジャンルにおけるサポート活動、バンドやアニメソングのレコーディング、セッション、ツアー等に参加し経験を積む。
西アフリカの民族音楽グループにも参加しており、カホン、ジェンベ、ドゥンドゥンなどの演奏も行っている。
ドラム、カホン、パーカッションなど講師を勤め、小学生から大人まで幅広く指導。

担当教室

宮﨑正太

プロフィール


12歳の頃からさまざまな打楽器を演奏(ドラム、カホン、ドゥンベク、スティールパン、オーケストラルパーカッション、マーチングパーカッション等)。
2014年にはミネソタ州立大学に音楽留学。ドラムをAllen Carter氏、パーカッションをKenyon William氏に師事。
現地各劇場にミュージカルのパーカッショニストとして出演し、ジャズ、ファンク、ロック、クラシック、あらゆるジャンルの音楽を演奏。
2015年より、若手ミュージシャンへの指導を開始。アメリカ中西部のオーディションを勝ち抜いた高校生達への指導も好評を得る。
2017年にはアメリカのシンバル会社TRX
Cymbalよりエンドースを受け、日本人初のTRX公式アーティストとして活躍。
同年、落語のグルーヴをドラムで再現するソロプロジェクトを開始。Facebook上で公開されたその動画は18万回再生を突破し、Percuss.io、ならびにRock oN JAPANのウェブサイトで特集される。

☆講師演奏動画

担当教室

SHOW

プロフィール


庄田(SHOW)浩
3月27日生まれ。A型。京都府生まれ滋賀県育ち。音楽総合制作集団 jAcKp☆TrASH 代表。
ライブイベントTREASURE☆ISLAND主催。
「全てが僕の力になる」でオリコン初登場1位を記録した『くず』やテレビ番組『ワンナイR&R』、『ぐっさん(山口智充)』ではレコーディングやコンサートなどあらゆる面において、バンドリーダー、アレンジャー、コーディネーターと多岐に渡ってサポートし、2010年には『Girls Dead Monster starringLiSA』ツアーにも全公演に参加。
プロ・アマ問わず年間100本近いライヴをこなし横浜アリーナや幕張メッセなど数万人規模のコンサートも多数経験、舞台監督としてステージ制作を手がけたり代表を務める音楽制作集団jAcKp☆TrASH (ジャックポットラッシュ)では作曲を行うなどその活動は多岐に渡っている。
カホンのレッスンやバンドアンサンブル、ステージングなどのレッスンにも対応しており、リズム感を向上させるコツなど初心者からプロを目指す方々まで様々な現場を経験してきたからこその実践で使えるレッスンを是非お試し下さい。

担当教室

堀河龍樹

プロフィール


地元岡山にて16歳の頃にRCCドラムスクールに入門。プロを目指すため高校卒業と同時に東京に上京し音楽学校メーザーハウスに入学。在学中はコンテストの優秀賞やセミナーでのバックバンド等を務める。

ロックで荒々しいプレイからjazzのような繊細なプレイを生かし現在ではメジャー、インディーズ問わずタレント、アーティストのライブやレコーディング、ディナークルーズ船上演奏など幅広く活動を行っている。

担当教室

大滝雄輝

プロフィール


尚美学園大学打楽器科卒業。在学時に選抜オーケストラ等に出演。学内、学外でも演奏活動、指導などを行い卒業後はフリーランスとして活動中。打楽器を安藤僚、ティンパニを森洋太、ドラムセットを山本真央樹に師事。打楽器アンサンブル「Rythmissino」のメンバー

担当教室

MASAYOSHI

プロフィール


MASAYOSHI
和歌山県出身。13歳の時にブラスバンドで打楽器やドラムを担当したきっかけで本格的にドラムに興味が出てバンドを始める。高校卒業後に音楽専門学校卒業、本格的に師匠に師事し習得。その後付き人を経て、ライブサポート業を開始。(ロック、Jazz等)その傍ら、同校にてドラム講師を並行。自分のバンド活動の為、講師を一旦終了。バンド活動、ライブサポート、REC業務に専念。現在は複数バンドのサポートや、作曲、編曲、DTM業にて活動。

担当教室

森本和樹

プロフィール


1991年3月31日生まれ。
千葉県出身。
16歳の時にドラムシュミレーションゲームにどハマりし、これは自分でもできるのではないかという盛大な勘違いから独学でドラムを始める。
20歳の時にしっかり習ってみようと思い立ち、近所のドラムスクールに通い始める。
21歳で代官山音楽院にてドラムの奥深さを学ぶ。
在学中は川畑大城氏、谷本成輝氏、古島知久氏にそれぞれ師事。
卒業後から阿部薫氏に師事している。
2013年には自身のバンド、Heatland MoonがSpring Song Contest 2013にてオリジナル楽曲「桜花爛漫」で優勝。
2015年には自身のバンドdebbiehemlockがMASH A&Rにてマンスリーに選ばれ、音楽雑誌MUSICAに掲載される。
現在は様々なアーティストのサポートを中心にドラマー、パーカッショニストとして活動中。

担当教室

福岡高次

プロフィール


国立音楽大学・器楽専攻打楽器科に入学し、打楽器を上野信一氏に、打楽器アンサンブルを福田隆氏に師事。
その後国立音楽大学中退し、キューバにパーカッション全般を学びに単身渡航。adel gonzalez氏 に師事。

現在、世界的ジャズピアニストの山下洋輔氏とのデュオや、レコーディング、ミュージカル、ゲーム音楽コンサートや舞台、ジャズ、ラテン、ポップス等ジャンルを問わず幅広いフィールドで活動中。
また、現在アルゼンチン発祥のハンドサインを用いた指揮法を独自に発展させ、新たな音楽へのアプローチを開拓するプロジェクト「ラセーニャス」メンバーとして活動中。
日本各地で演奏活動の他、2018年、ヨーロッパ最大規模のフェスO.Z.O.R.Aに出演。人が入りきらず道に溢れるほどの大好評で現地新聞にも取り上げられた。
2019年には大阪城にて、関西電力とタッグを組み次世代型低速走行モビリティ「lino」に乗って演奏。大阪城を巻き込んでのパフォーマンスが大好評を博す。
現在も様々なコラボレーションやライブ活動など精力的に活動中。

担当教室